●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
52 / 293 ツリー ←次へ | 前へ→

ホップさん発!週チャオのことを外部の人に語る祭り... スマッシュ 20/5/18(月) 3:11

2020年05月18日、未完成バージョン スマッシュ 20/5/18(月) 3:13
週チャオについての説明の部分 スマッシュ 20/5/18(月) 3:18
チャオ小説で目立った作風や文体を解説する部分 スマッシュ 20/5/18(月) 3:19

2020年05月18日、未完成バージョン
 スマッシュ  - 20/5/18(月) 3:13 -
  
途中経過を報告するためのバージョンです!!

※週チャオのことをかなり悪く言っているふうな文章です
※でも、週チャオを作った人たちや運営した人たちを悪く言いたいわけじゃないんです
※面白ネタとして扱う上で、こんな扱いになっちゃいました
※完成版では、そのあたりのことをきちんと謝罪する文章とか入ります
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p193.net112139177.tokai.or.jp>

週チャオについての説明の部分
 スマッシュ  - 20/5/18(月) 3:18 -
  
記事タイトル:
ヤバい環境が黒歴史を量産した!?ひきこもり文学の世界「週刊チャオ」


以下本文:

あなたの黒歴史は、本当にあなたが作ったのでしょうか?

ご覧いただきありがとうございます。
この記事は、あなたを黒歴史の思い出から解放できるかもしれない記事です。


黒歴史――
それは、10代の頃の言動や妄想であり、後から思い返してみると超恥ずかしくて、無かったことにしたい過去のことですよね。

思春期の妄想って、昭和の時代ならノートに書き留められるだけで済んでいました。
黒歴史ノートなる危険物を処分すれば解決できたわけです。

しかし今やインターネットの時代。
様々な場所で気軽に文章や写真や動画を投稿できちゃいます。
Twitter、YouTube、Tiktokなどでみなさんも投稿しているのではないでしょうか?

インターネットが身近だからこそ、「数年前の自分の投稿がとんでもなく恥ずかしい……」なんて思いもしちゃう時代です。
Twitterの発言を一括で消去するための「黒歴史クリーナー」ってサービスもあったりするくらいなんですよね。

黒歴史を、衆目を集め得るインターネット上で作っちゃう。
これは、後々になって思い返した時にダメージがめちゃくちゃ大きいです。
不特定多数の人に見られていたとか……恐ろしすぎるでしょ!!

そんなネット上での恥ずかしい経験を、10年以上前からしていた人たちがいます。
10年以上前に、たくさんの人の黒歴史を作った悪夢のコミュニティ。
それが「週刊チャオ」です。

この記事では、週刊チャオがどのように恐ろしいコミュニティであったかを解説します。
週刊チャオの闇を見ながら、ぜひ胸に問いかけてみてください。
「あなたの黒歴史は、本当にあなたが作ったのでしょうか?」と……。


〇週刊チャオはソニックの二次創作をしたコミュニティ

週刊チャオは、二次創作のコミュニティです。
昔のインターネットは画像や動画を投稿するハードルが高かったので、もっぱら小説で二次創作はおこなわれました。

二次創作の原作となったのはドリームキャストで発売されたゲーム、

『ソニックアドベンチャー』
『ソニックアドベンチャー2』

そして、それらをゲームキューブ版に移植した、

『ソニックアドベンチャーDX』
『ソニックアドベンチャー2バトル』

です。

音速で走る青いハリネズミ、ソニック・ザ・ヘッジホッグが活躍するアクションゲーム。
その中でもアドベンチャーシリーズは人気が高い作品です。

さらにアドベンチャーシリーズには、可愛くて不思議な生き物を飼育できる遊びも盛り込まれていました。
その不思議な生き物の名前が、チャオです。

<本家のホップさんの記事よろしく、画像も欲しいところだね。脳内補完してちょ>

可愛くて不思議なチャオを使って二次創作をするのが、週刊チャオというコミュニティでした。


〇週刊チャオは、人目につきやすい場所にあったのがヤバかった

この週刊チャオ、非常に人目につきやすい場所で活動していました。
その活動場所とはセガが運営する公式BBSです。
(BBS……ネット上の掲示板のこと)

「ゲームをプレイしているみんなは、この掲示板で情報交換をしてね」
って感じで、ゲームを作ったセガが公式サイトに掲示板を作っていたんですね。
その中には、チャオについての話題を投稿するための「チャオBBS」という掲示板もありました。
そこが週刊チャオの活動場所だったのです。

これはとてもヤバいことです。

「ソニックアドベンチャーの攻略情報が知りたいな〜」と思って検索するじゃないですか。
そうしたら当然上位には公式サイトが出てきますよね。
当時は攻略wikiとかも無い時代です。
なので、とりあえず公式サイトにアクセスしてみるわけですよ。
すると公式サイトの中に、情報交換にうってつけの掲示板があるんですよ。
だったらこの掲示板を覗いてみようってなるじゃないですか?

はい、そこにあるのが週刊チャオです。
いや〜、見つけやすいですね〜。
おかげで私の人生は大きく歪む羽目になりました。


念のため強調しておくと。
二次創作をしている週刊チャオは、当然ながら非公式のコミュニティです。
非公式のコミュニティだけど、公式の掲示板で活動していました。


この事実だけで既に黒歴史っぽい匂いがありますね。
だけども、こうなったのには理由があるんですよ……。
どうか言い訳を聞いてください。


〇なんで公式BBSでやっちゃったのか?

公式BBSと言っても、厳しい規則があったわけじゃないんですね。
荒らしの書き込みがあれば運営(セガの人)が削除するけど、それ以外ほとんど干渉しない。
そんな感じの運営でした。
ですから利用者同士で口論が起きて雰囲気が悪くなることとかもよくありました。

掲示板を気持ち良く利用するためには、利用者自身の努力が欠かせませんでした。
なので「悪口はダメよ」などのマナーを新しく来た人に教える場面があったりしたんです。

週刊チャオも、掲示板の治安を良くするために登場したコミュニティなのです。

ほら、公式BBSなのにゲームの話を全然していなくて、二次創作の小説ばっかりあったら、異様じゃないですか。
「ゲームの話をしたいのに、二次創作の小説を投稿しているやつが多くて困る!」
って叫ぶ人だって出てきます。

そんな問題が発生したことを受けて、小説を投稿する場所を決めたんですね。
「小説はここにひとまとめにして、掲示板を綺麗に保ちましょう」という目的で、週刊チャオは生まれました。

こう書くと、凄く善玉っぽくないですか?
まあ、善意があってこそ生まれたコミュニティだとは思います。

だけど話はそう綺麗にまとまらないんですね。

ここから、この週刊チャオが黒歴史製造マシーンとして大活躍しちゃうぞ〜〜☆


〇週刊チャオが黒歴史を量産しちゃったわけ

先ほども書いたとおり、週刊チャオは公式BBSで活動していました。
それこそが、黒歴史を量産する大きな原因となりました。

大体こんな流れで、小学生や中学生は週刊チャオと出会うことになります。

1.ソニックアドベンチャーの情報をネットで探してみるぞ!
2.おっ、公式サイトを見つけたぞ
3.へえ〜、公式BBSもあるんだね
4.週刊チャオ……?二次創作の小説があるんだ!?
5.よ〜し、俺も小説を書いて公式BBSに投稿しちゃうぞ〜!
6.黒歴史誕生!

つまり週刊チャオは、ゲームの攻略情報を目当てに公式サイトを訪れた小学生や中学生を、二次創作の世界に引きずりこむトラップとしての機能を持っていたのです!!

善意で作られたものが、実際には人を地獄へ案内するのに役立ってしまうなんて……。
とても悲しいお話ですね。

週刊チャオがあったことで「公式BBSに二次創作を投稿してもOK」って雰囲気も定着しました。
OKどころか、この掲示板ではそうやって楽しむものだって印象を持った方がいるかもしれないくらいです。

なので、BBSに訪れた人は「自分も小説を書いてみようかな」って気持ちになっちゃうんですよね。

もしも週刊チャオが公式BBSの外で活動していたら、話は変わっていたと思います。
「外部の個人サイトに週刊チャオってところがあるんで、そこでやってください」
と掲示板の外に誘導する形にだったら、掲示板の中で小説を見る機会はぐっと減ります。
多くの人が小説を書かずに済んだかもしれません。

でも、歴史にifは存在しません。
週刊チャオは公式BBSの中で活動しました。
そして「みんなが小説を書いているから真似して小説を書いてみよう」って思いで参加する人が絶えなかったのです。


さて、ここまで読んだ方の中にはこんな疑念を持つ方がいらっしゃることでしょう。
「小説を書いて見せ合うだけなら、黒歴史とまで言わなくてもいいんじゃない?」

確かにそのとおりです。
黒歴史にならない小説の見せ合いだってこの世にはあるはずです。
なのに当事者たちは「週刊チャオは黒歴史の山であった」と感じています。

なぜでしょうか?

週刊チャオは、後から思い返すと恥ずかしい小説が非常に生まれやすい環境であったからです。

栄養が豊かな土地では美味しい野菜が育ちますよね。
週刊チャオは、黒歴史を育てるためのヤバい栄養に満ちている、悪魔の大地だったのです。

ここからは、週刊チャオがいかに悪魔の大地であったか、を解説していきましょう……!
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p193.net112139177.tokai.or.jp>

チャオ小説で目立った作風や文体を解説する部分
 スマッシュ  - 20/5/18(月) 3:19 -
  
〇週刊チャオにはこんな小説がよく投稿されていた

手始めに、週刊チャオでよく投稿されていた小説がどんなものか、紹介します。
とは言っても、具体例を見るのが手っ取り早いでしょう。

なので、ご覧ください、黒歴史。


※実在の作品から引用するのはさすがに可哀想なので、当時っぽい文章を書き下ろしました

――引用はじめ――

チャオーブ「くらえ魔法剣!ライトスラッシュ!」
ガオチャ「そんな攻撃くらうか!!メタル・コア・ゲート!!!」

ガキィィィン!!

チャオーブ「な・なに・・!?」
ガオチャ「上級黒魔法!ドラゴン・メテオ・ボンバーー!!!!!」

ドゴォォォォォン!!!

チャオーブ「うわあああああ!!!」

――引用おわり――


解説しますと、剣を持ったチャオと悪役のチャオが戦っている場面ですね。
どうやら悪役のチャオの方が優勢のようです。

上のような、セリフだけの脚本っぽい形式が、週刊チャオの小説ではよく使われていました。
たまに効果音っぽい擬音語が入りますが、地の文はほぼありません。

この形式は、一部の利用者から「絵無し漫画小説」と揶揄されました。
「漫画から絵を無くしたみたいな作品」という意味です。

もしかしたらこれを読んでいるあなたも、「これを小説と呼んでいいのか?」と思われたかもしれませんね。

だけど当時はこういった作品が小説として、数多く投稿されていたのです。


☆補足1☆
厳密には、上の文章は2004年頃の週刊チャオをイメージして書いています。
週刊チャオは1999年に生まれ、2008年に終了しました。
その過程で参加者は入れ替わり、定番の作風もいくらか変化します。


週刊チャオの小説には、文章以外にも問題がありました。
それは、原作を無視した設定です。

原作ゲームのチャオは剣を持たないのです。
魔法も使いません。
競うことがあっても、せいぜい駆けっこをするか、ぷにぷにの手足で空手みたいなことをするのが精一杯です。

そして人間の言葉を喋る時には「楽しいチャオ〜!」という具合に可愛い語尾がつきます。
ゲームによっては、そもそも人間の言葉を話さない設定のこともありました。

それなのに剣を持たせて、魔法を使わせて、
「ドラゴン・メテオ・ボンバーー!!!」とか言わせていたんですね。

残念なことに、原作の設定は無視されがちだったのです。


もし自分がこんな作品を書いてネットに投稿していたとしたら、どうですか?
恐ろしくありませんか?
不特定多数の人が見るネットの世界に、笑いものにされかねない小説を投稿していたなんて。
思い出したくない、消したい過去だと感じませんか?

週刊チャオに参加した多くの人が、こんな黒歴史を抱える羽目になってしまいました。
私もまた永久(とわ)に許されぬスティグマを胸に抱える身です。
(意訳:私もあんな感じの小説を投稿していたのでとても恥ずかしいです)


どうして、こんな作品がたくさん投稿される事態になってしまったのでしょうか?
その理由は大きく分けて3つ挙げられます。

1.それまで小説に興味のなかった素人が書いたから
2.ゲームが好きな小学生・中学生が多かったから
3.周りの人もこんな感じの小説を書いていたから


これから3つの理由について掘り下げていくわけですが、その前にやっておきたいことがあります。

この記事を読んでいるうちに黒歴史を思い出し、苦しみ悶えている方がいるかもしれないじゃないですか。
せっかくなので、このタイミングで追撃を入れさせていただくっ!!


――引用はじめ――

ガオチャ「とどめだ!上級黒魔法!ダーク・ライジング・メテオ・フォール!!」
チャオーブ「そうは、い・く・かああああ!!!」
ガオチャ「なにい!?ぐっ・・ぐああっ!!」

実はガオチャはさっきのライトスラッシュのダメージを受けていた。

ガオチャ「バカな・・・そんなこと・・・が・・・」
チャオーブ「こっちがとどめだ!!ライトスラッシュ・クロス!!」

ズバババババッ!!!!

ガオチャ「うわあああああ!!!」

チャオーブ「やった・・勝った・・・・・ぜ・・・」

バタッ

チャオーブもすごくダメージを受けていたので立っているのがやっとだった・・・。

――引用おわり――

※実在の作品から引用するのはマジで可哀想なので、当時っぽい文章を書き下ろしています
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p193.net112139177.tokai.or.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
52 / 293 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
54538
(SS)C-BOARD v3.8 is Free