●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
22 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→

週刊チャオ鍛錬室 ろっど 11/4/23(土) 4:16

感想ありがとうございます。 ろっど 11/5/12(木) 0:22

感想ありがとうございます。
 ろっど  - 11/5/12(木) 0:22 -
  
>テンポが良くて読みやすい小説でした。
>何とも人間臭い、そして、人間臭いゆえの出遅れ感と失敗が見えてきますね。

動こうとしたときに手遅れ。ありがちだと思います。
テンポが良かったのは短かったから、一人称だから、というのもあるんでしょうか。たぶんぼくの力ではないです。

>自傷をする人間は、多分、傷つけるより、傷つく方がいいって感じている人が多いと思います。そうして、この中に居る少女もまた、結局自分だけを傷つけることを選んでしまったのかもしれません。
>でも、傷つける自分を助けてほしかったという気持ちも垣間見えました。

自分を傷つける人は、だいたい自分でどうにかしようと思ってはいない、と思います。
自分を助けて欲しい、見て欲しい、そういう面が強かったのでしょうね、彼女は。

>チャオっていうのは、少女と少年の距離を示すインディケーター(指標)なのかなぁと思いました。
>それも、本心の。少年は動きたい、少女も動きたい、と思いながらチャオ(本能)は「怖い、動きたくない」という想いがあったのだと思いました。

インディケーター! かっこいいですね。これから使います。
チャオは人と非常に似ていて、たぶんその心理的なイメージは「追従する」という感じだと思うんですよね。
スマッシュさんはチャオを鏡にしましたが、ぼくは少し変わってチャオを完全なトレースというよりは、あとから同じ道をついてくる、みたいな。

>でも「赤い」ってことは、つまり「危険」ということも示すのでしょうか。
>そう考えると、「赤いチャオ」っていうのは、

赤が好きなだけです!

>傷つくコトを止めてほしいと思いながら、結局死に辿り着いた少女の、あまりに遅い救済を求める行動。
>何かがおかしいと思っていた少年の、あまりに遅かった差し伸べるべき手。
>二人ともども足踏みしてしまって、二人の関係は破綻してしまった。
>本当に、リアリティあふれるバッドエンドで、読んでいて面白かったです。

リアリティあふれているのかはぼくも自信があるところではありません。
結果的にうまいことごまかして収束させられたかな、というのが本音ですね。

>でも、だからと言って、一歩踏み出せばそれが成功につながるか、っていうのはまた不明確な話なんですよねぇ。
>なかなか、こういう話を見ると現実社会のやりきれなさが切実に分かります。

早ければ成功か、遅ければ失敗か。単純化できないのはすごいつらいです。
要はタイミングなんでしょうけど、それがわかれば苦労はしませんね。

>文章はとびとびですが、まぁ、軽く読み流す程度では特にアラは見つかりませんでした。まぁ、一部ざっぱでしたが、こんなものだと思います。
>では、短編、ご苦労様でした。また鍛錬室に投稿していただくことを思い起こさせていただきます。

感想ありがとうございます。
探せばたくさんアラはあると思いますが、一時間ほどででっちあげたにしてはなかなかアラが多くなくてよかったです。
それではインディケーター!
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; rv:2.0.1) Gecko/20100101 Firefox/4.0.1@p1205-ipbf2601souka.saitama.ocn.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
22 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52031
(SS)C-BOARD v3.8 is Free