●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
1 / 135 ページ 前へ→

Kраткая справка Esp
[NEW]  Jamesfut E-MAIL  - 22/1/20(木) 10:50 -
  
Kраткая справка Esperio
Esperio позиционирует себя в качестве глобального брокера, который является ярким представителем на финансовых рынках. Своим клиентам компания предлагает первоклассное обслуживание, выгодные условия торговли, оперативное исполнение торговых операций и чистые спреды от поставщиков ликвидности. Вот так выглядит презентационная страница мультиязычного сайта esperio.org.

Esperio

В футере площадки сказано, что Esperio принадлежит компании OFG Cap. Ltd, которая зарегистрирована в офшорном государстве Сент-Винсент и Гренадинах. На сайте есть различные внутренние документы, в которых изложены условия предоставления услуг. Регистрационные документы не представлены. О лицензии на брокерскую деятельности ничего не сказано. Обратная связь с клиентами поддерживается исключительно через специальную форму, с помощью которой пользователи отправляют свои запросы в службу поддержки.

Торговые инструменты и платформы Esperio
В распоряжении трейдеров более 3000 финансовых инструментов. Зарабатывать клиенты компании могут на различных активах:

валютных парах;

криптовалютах;

драгоценных металлах;

сырьевых товарах;

ценных бумагах;

ведущих фондовых индексах и т. д.

Выход на финансовые рынки осуществляется через две торговые платформы: MetaTrader 4 и MetaTrader 5.

Торговые счета Эсперио
Чтобы приступить к трейдингу, нужно зарегистрироваться на сайте и выбрать один из 4 доступных торговых счетов.

Esperio

С более детальным описанием каждого аккаунта можно ознакомиться в разделе Типы счетов. Примечательно, что ни в одном из счетов не указана минимальная сумма депозита. С какими суммами готов работать брокер неизвестно. О наличии демонстрационной версии счета ничего не сказано.

Начинающим инвесторам компания предлагает воспользоваться услугой Esperio Copy Trading. Для этого необходимо подключиться к профессиональным трейдерам, скопировать сделки на собственный счет и построить собственную бизнес-модель на основе проверенных стратегий. Условия сотрудничества в рамках данной программы не обозначены.

Пополнение счета и вывод средств в Esperio
На презентационной странице сайта сказано, что после получения прибыли на торговле деньги поступают на счет в течение одного дня. Вывести заработанные средства пользователи могут без ограничений по сумме в любой момент и любым подходящим способом.

Для пополнения счета и вывода прибыли доступны такие сервисы, как пластиковые карты, банковские переводы и электронные платежи.

Esperio

Брокер заявляет, что он компенсирует комиссионные расходы клиентам и зачисляет их на баланс торгового счета в процентах от внесенной суммы.

Информации о других условиях проведения финансовых операций (минимальная и максимальная сумма, сроки зачисления средств при выводе, порядок снятия тела депозита) на сайте нет.

Заключение
Главный недостаток брокера регистрация материнской компании в офшоре. Также не внушает доверия отсутствие юридических данных, регистрационных документов и лицензий. Не в пользу компании служит односторонняя связь с клиентами и отсутствие установленного стартового порога входа в систему.

Лучше всего о работе брокера и возможности заработка на его условиях расскажут отзывы о Esperio.

ТРЕЙДЕР-ПРОФЕССИОНАЛ
ЗА 60 ДНЕЙ
Узнайте формулу безубыточной торговли

FAQ
? Esperio это надежный брокер?
?? Как найти официальный сайт Esperio?
? Как проверить Esperio на признаки мошенничества?
?? Как вывести деньги от брокера Esperio?
?? Как распознавать мошенников самостоятельно?
OТЗЫВЫ О ESPERIO
Григорий
Тоже пострадал от мошеннических действий этого псевдоброкера. Потерял на его платформе 4800 баксов. Даже подумать не мог, что когда-то влезу в такое Г****. Они тупо заблочили мой акк сразу после пополнения. Я даже ни одной сделки заключить не успел! Знакомый посоветовал обратиться в, сказал что ему ребята помогли вернуть деньги. Благо хоть квитанцию о переводе сохранил. Подам заявку, надеюсь помогут!!!!

6 days ago
Матвей
Читаю отзывы на сайтах и всех так хвалят эту контору. Я лично не могу вывести деньги и все. Меня водят за нос уже 2 недели. Не дают и все. А отзывы все заказные, чтобы больше людей велось на все это!!!!!Самый обычный развод, не верьте ни единому их слову!!!!!

15 days ago
Валерия
Мое сотрудничество с Esperio началось недавно и за этот короткий промежуток времени я поняла, что столкнулась с лохотроном(((( Жаль, что я вовремя на задумалась об обещанных этих бонусах, что ни одна солидная компания не позволит себе платить такие деньги. Бонусы поступили на счет, все четко. А делает это знаете для чего? Чтобы требовать потом деньги за вывод. Когда я подала заявку, мне сказали, что бонусные и основыне деньги якобы перемешались и чтобы их вывести нужно внести на счет еще 800 баксов. Я сказала пускай забирают свои деньги обратно и вернут мои, на что мне сказали такова политика и сделать они ничего не могут…..Обидно, развели как лохушку((((
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.3; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@98.162.25.29>

ありがとうございます!
 ホップスター  - 21/12/27(月) 10:06 -
  
>始まった時から薄々勘づいてたことではありましたが、やっぱりホップさんにとってのチャオ小説の原点は第一期の後半くらいにあるのかなー、みたいなことを考えながら読んでました。

チャオ小説に限らずあの時代のチャオBがだいたい7〜8割ぐらい原点になってますね。
あそこで(同じソニックチーム製作という流れもあり)初代PSOが流行ったから自分もと買って、以下省略。
他のアニメやゲームについても、当時あそこにいた諸先輩方に追いつきたかったのが自分が触れていった理由でもあります。

>なんか同じ連載冒険ものでも、第一期と第二期って結構毛色が違いますよね。第一期は結構深夜アニメの影響を受けてる作品が多い印象ですけど、第二期は明らかにジャンプだよなあ、みたいな。

アニメが深夜帯中心になったのって2000年代前半なので、第1期当時、及び第1期の面々が影響を受けている作品群は厳密には深夜アニメではないです。エヴァもナデシコも夕方アニメだったんですよ!!
私もアニメをちゃんと追えるようになったのは大学入学以降(魔術師狂想曲の頃)なので、当時の雰囲気をちゃんと把握している訳ではないのですが…

>なのでギャラロマはチャオBBS的なチャオ小説、というよりは、「ホップさんの影響の受けた作品の集合体」的な感じに見えました。

私の作品、いつもだいたいそんな感じな気がします。ちゃんとオリジナリティを出せる皆さんが羨ましい限り。

>しかもこれがチャオ小説の終わりを意識して書かれた話なのなら、シャーロットさんはチャオ小説を書く人の比喩と思って読んで、良さそうです。
>じゃあ観測者さんは一体何だったのかなあというのをしばらく考えてました。
>最初は読者なのかな、と思いましたが、ゆうて後期週チャオにそんなに読者なんていませんでしたし・・・・・・
>CHAO BBSというシステムなのか、週チャオというシステムなのか、ハッ、もしかして週刊チャオライブラリーのことか!?
>あんまり自分の中で結論は出てないですが、ホップさんの中には明確なイメージがあるのでしょうかね?

どこかでちらっと書いてますが、観測者という設定自体が『チャオ小説を終わらせようとする』以前からアイデアとして持っていたものなので、ピタッと当てはまる概念みたいなものは自分の中ではあんまりないです。
ただ強いて言えば…自分自身かもしれません。何百人何千人と現れては消えていったチャオラーの中で、ただ自分だけ20年以上『観測し続けていた』訳ですから。思いっきり当事者にもなっちゃってますけど。

>シャーロットさんみたいなのはやっぱり殺されてよかったと思います。
>時代に抗えない人間がホップさんの作品にはよく出てくる気がします。僕もそういうの好きです。
>そしてそこをオリトくんがもっていくのかーというのも新鮮な驚きでした。この作品でまさかチャオが活躍する瞬間が来ようとは・・・(偏見)

実は初期案ではオリト君、人型兵器にすら乗らずにマスコット的にクロスバードに居座ってるだけだったんですよ!!
さすがにそれはチャオ小説としてまずいのでは…と練り直して今の形になりました。
これでもチャオ小説と呼べるのかどうか怪しいレベルでチャオの出番少ないのでもっとちゃんと考えておくべきだったと反省していますが、そもそもチャオ小説ってチャオがあんまり出てこないことが多いしこれでいいのかな、と思ってもいます。
(『基本的にチャオ小説にはチャオが出てこない』ってもう哲学的な問いかけになってますが…)

>ともかくこの規模の連載を完結させただけでもすごい!
>卒業おめでとうございます!!

ありがとうございます!やっと卒業できそうです!!
誰かさんに鍵を差し込まれて消されないようにひっそりと生き残っていたいと思います。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

連載終了お疲れ様でした!
 チャピル E-MAIL  - 21/12/27(月) 1:21 -
  
> 「ホップスターがチャオ小説を終わらせようとしたらこうなる」というアンサー

始まった時から薄々勘づいてたことではありましたが、やっぱりホップさんにとってのチャオ小説の原点は第一期の後半くらいにあるのかなー、みたいなことを考えながら読んでました。
なんか同じ連載冒険ものでも、第一期と第二期って結構毛色が違いますよね。第一期は結構深夜アニメの影響を受けてる作品が多い印象ですけど、第二期は明らかにジャンプだよなあ、みたいな。
なのでギャラロマはチャオBBS的なチャオ小説、というよりは、「ホップさんの影響の受けた作品の集合体」的な感じに見えました。
それがいいとか悪いとかではなく、自分の見えていたチャオ小説の光景とホップさんの見えていた光景の違いが感じられて、面白かったです。

まー「チャオ小説を終わらせる」なんて究極に自己満足な遊びですからね!そんくらい好き放題しないとやってられないですよね!!


ストーリー部分で一番気になったのは、観測者さんのセリフです。

> 【観測者】「待って待って待って!!考えてもみなよ!百何十億年とも言われるこの宇宙の歴史の中で、たった何万年ぽっちっていう時間だけで人間とチャオがこれだけの物語を紡いだんだよ?じゃあこの先どんな物語が生まれて、どんな結末を迎えるのか、文明が続く限り最後まで見てみたいじゃん!!
>       もちろん文明だけじゃないさ!あと何万年かすればあの巨星は爆発するんだよ!?何十億年かすればこの銀河は隣の銀河とぶつかるんだよ!?無限に近い時間を経ればやがてこの無限にある星の輝きも消え失せていくっていうんだよ!?…そんなの、絶対見てみたいじゃん!!
>       なのに、なのになのに、人間もチャオも100年すらマトモに生きられない!悲しすぎる!!そんなの、僕は認めない!認められない!!!」

主人公サイドに倒される二人の敵のうち、シャーロットさんが時代に翻弄される側の人間というのは、なんとなくわかります。
しかもこれがチャオ小説の終わりを意識して書かれた話なのなら、シャーロットさんはチャオ小説を書く人の比喩と思って読んで、良さそうです。
じゃあ観測者さんは一体何だったのかなあというのをしばらく考えてました。
最初は読者なのかな、と思いましたが、ゆうて後期週チャオにそんなに読者なんていませんでしたし・・・・・・
CHAO BBSというシステムなのか、週チャオというシステムなのか、ハッ、もしかして週刊チャオライブラリーのことか!?
あんまり自分の中で結論は出てないですが、ホップさんの中には明確なイメージがあるのでしょうかね?

シャーロットさんみたいなのはやっぱり殺されてよかったと思います。
時代に抗えない人間がホップさんの作品にはよく出てくる気がします。僕もそういうの好きです。
そしてそこをオリトくんがもっていくのかーというのも新鮮な驚きでした。この作品でまさかチャオが活躍する瞬間が来ようとは・・・(偏見)

ともかくこの規模の連載を完結させただけでもすごい!
卒業おめでとうございます!!
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10.15; rv:94.0) Gecko/20100101 Firefox/...@fp85a59d6e.kytj304.ap.nuro.jp>

返信です!!!
 ホップスター  - 21/12/23(木) 11:58 -
  
※ホップ…なかのひと。結局有給は取っていません。
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。色々あって12月結構休んでしまったので…


>【スマッシュ】「今更チャオ小説を1年連載しようって魂胆がすごかったですよね」
>【けいりん】「そうそう。前々から書いていたとは言っても、途中で筆を折って無かったことにしてもおかしくないほど過疎ってますよ、ここ」

【ホップ】「うーん、まぁそうなんだけど…これはチャオ小説の終わりの話にも絡むんだけど、自分の中でチャオ小説に対してある程度ケリをつける必要があると思ってたから、『可能な限り完結を目指す、完結できた際は発表の場が残っている限り掲載する』っていうのは揺れなかったかな。正直読者がいるかどうかはあまり問題じゃなかった」
【エルファ】「そもそも『チャオ小説を書く』時点で、『良くても数人にしか読まれない』っていうのは確定事項ですからね…でもそれ、どうやってモチベーション保ってたんですか…?」
【ホップ】「いや、なかったから7年かかったんですよ…逆に後半は『なんとしてもこの作品を、そして(自分の中で)チャオ小説を終わらせる』ことだけがモチベーションになってたというか」
【エルファ】「あぁ…」

>【けいりん】「宇宙規模の物語だからですかね〜。ホップさんが広げた風呂敷も、もっと遊べる余地のある大風呂敷だったようにも感じます」

【ホップ】「私の場合、基本的に書きたいシーンに合わせて世界設定を作っていってるから、『広げた風呂敷に合わせて物語を作る』ということをしてないので…」
【エルファ】「あとはシンプルに作者の余力の問題もありますね…終盤は完結を焦るあまり初期案からいくつかボツになった展開があったとかなかったとか」
【ホップ】「20周年で2作品ほどとんでもない作品が出されちゃったから余計にね…個人的にはいきなり歯車がかみ合いだすような終盤の急展開もギャラロマの魅力の一つだと思っていただければ!」
【エルファ】「自分でそれ言います?」

>【スマッシュ】「こう言っていますけど、サブタイでああいうことする印象、ホップさんに無いんですよね」
>【けいりん】「連載自体少ないですからね」

【エルファ】「確かにそもそも比較材料がないですよね」
【ホップ】「若い頃のボツ作の山があってですね…そこにはですね…ごにょごにょ」
【エルファ】「それは比較材料にならないのでは…?」
【ホップ】「でもそういえばサブタイトルがオサレ文章方式ってのは見ない気がするなー」
【エルファ】「どっかであった気がするのですがちょっとすぐには出てこないです…」

>【スマッシュ】「僕は作中のセリフをサブタイトルに持ってきたい病!!」

【ホップ】「あ、これはガンダムX!!」
【エルファ】「確かに有名ですけどスマッシュさんが影響受けたのたぶんそれじゃないですよね!?」

>【けいりん】「とあるので、我々もギャラロマで好きなサブタイランキングを発表しておきましょう!」
>【スマッシュ】「第三位!『第21章:煌めきは決して届かぬ御伽噺』なんかボトムズの次回予告に出てきそうなフレーズだなって思いました」
>【けいりん】「第二位!『第43章:その先に心はあるか、その後に涙はないか』心と涙っていう対になっているような、いないような、絶妙な距離の言葉がいいですよね」
>【スマッシュ】「第一位!『第2章:果てのない世界の果てまで』シンプルイズベストと言いたくなる、シンプルゆえのかっこよさですね」

【ホップ】「最初に挙げた43章以外だと、『血の意味、魔女の目覚め』(5章)、『天秤にかけるは、ただ星一つ』(23章)、『新たな剣は彼方で微笑み、刃を向ける』(37章)あたりが好きです!!」
【エルファ】「この辺りは割と本編の内容とリンクしてますよね。それだけ自信アリということでしょうか」
【ホップ】「浮かばなかったやつは本当にギリギリまで頭痛めてたからなぁ…」

>【けいりん】「我々も昔の構想を大事に抱えておけばよかったですね。次から次へと新しい物語が思い付くから、昔のアイデアは書いても書かなくても忘れちゃうんですよね」
>【スマッシュ】「書かないまま忘れちゃったファンタジー作品の構想は数知れず!!」

【エルファ】「この人の場合、設定や書き出しだけ書いておいてほったらかしパターンが多いので、意外と残ってるんですよね…恐らく06年以降のものは基本ローカルに残してありますよね?」
【ホップ】「たぶん…なんだかんだで残してるけど黒歴史全開です…」

>【スマッシュ】「確かに当時、私は必死になっていました。でも本当はチャオ小説はとっくに終わっていたのではないかと今では思います。2009年の『チャオガーデン』で一区切りでしょ、って感じです。でもそれを認められずゾンビになってしまった」
>【けいりん】「『ライカ記念日』もヤバかったので、チャピルさんの手によって二回チャオ小説を終わらされた感がものすごく強くあります」
>【スマッシュ】「そしてギャラロマで三回目の終了ですかね」

【エルファ】「今更ですけど2回もチャオ小説を終わらせているチャピルさんって何者なんでしょう」
【ホップ】「きっと最近流行りの異世界転生者なんじゃないのかな(すっとぼけ)」

>【けいりん】「『最後に投稿された』って意味ではあり得ても、『終わらせる』って意味のチャオ小説は書かない気がします。となると、もう最後のチャオ小説なんてものは登場しない気がしますね。だからギャラロマでチャオ小説は終了なのかもです」

【エルファ】「この辺りは定義としては難しいですよね」
【ホップ】「誰かが終わった!って思っても別の誰かが終わってない!って思ったりして論争になるやつ」
【エルファ】「週チャオ界隈でそんな見解の相違が発生してもしょーもない気がしますが…」

>【けいりん】「その点ギャラロマはBBS時代のチャオ小説っぽさも含んだ壮大な冒険小説でもあって、チャオ小説の終わりとしての説得力がたっぷりありますからね。ぜひ胸を張ってください!連載お疲れ様でした!!」

【エルファ】「ありがとうございます!」
【ホップ】「個人的には『BBS時代のチャオ小説っぽさ』が大事で、『チャオ小説を終わらせる』のであれば、やはり読み切りじゃなくて連載なんじゃないか、リアリティのある話じゃなくてSFなり冒険なりである必要があるんじゃないかと思っていてですね」
【エルファ】「要するに『チャオガーデン』も『ライカ記念日』も『ガーデン・ヒーロー』もそうじゃねぇんだよ!!って言いたいんですね」
【ホップ】「そこまでは言ってないです!!」
【エルファ】「………」(じー)
【ホップ】「と、とにかく、長い間お付き合いいただきありがとうございました!!」(逃)」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

感想です!!!
 スマッシュ  - 21/12/23(木) 1:39 -
  
※スマッシュ…なかのひと。ギャラロマ1周年おめでとうございます。
※けいりん…チャオ?予告編含めて1年と2ヶ月周年おめでとうございます。


>【エルファ】「と、いう訳で、この1年色々ありましたけどこんな物語に1年間お付き合いしていただき、本当にありがとうございました…」
>【ホップ】「もうお目汚しすることもありません!安心してください!」

【スマッシュ】「今更チャオ小説を1年連載しようって魂胆がすごかったですよね」
【けいりん】「そうそう。前々から書いていたとは言っても、途中で筆を折って無かったことにしてもおかしくないほど過疎ってますよ、ここ」
【スマッシュ】「もしかしたらこの作品を読んだ人間って存在しないのでは?」
【けいりん】「あり得ますね。一人も読んでない可能性」
【スマッシュ】「それなのに25万文字も……。うへぇ〜〜!」
【けいりん】「私たちにはとてもできませんね。無理です無理」
【スマッシュ】「やっぱ第二期のチャオ小説においてホップさんは原点にして頂点なんだなあ、と思いました」
【けいりん】「ぶっちゃけすごすぎ。もう一年続いてくれてもいいんですよ?」

【スマッシュ】「でも25万文字もあった割には、終わってみるとあっさり目な物語だった印象すらありますね」
【けいりん】「宇宙規模の物語だからですかね〜。ホップさんが広げた風呂敷も、もっと遊べる余地のある大風呂敷だったようにも感じます」
【スマッシュ】「ギャラロマは2が無いらしいですが、大風呂敷を広げる才能を活かして、何年も連載を続けるような作品の制作に取り組んでみてほしいなって思いますね。チャオ小説じゃない形で」
【けいりん】「チャオ小説、読む人いませんからね」
【スマッシュ】「一人もいないですからね」
【けいりん】「我々がギャラロマについて文句を言いたい点はそのくらいですね。一つ一つの設定をもっと丁寧に使い潰せば、もっと長く書けたでしょ、って。そのくらいです」
【スマッシュ】「たぶん途中でスピンオフじみたものを書いちゃったのも、そのフラストレーションだったんだろうなって今にして思います」
【けいりん】「ギャラロマ世界ならこういう設定も作れたのでは、っていう提案がしたくて、それができたから三話以降は書く気無くなったわけですね」
【スマッシュ】「あれ以降も設定の提案はあるにはあったんですけどね。まあ、以前感想コーナーで語りました。メカのリモコン操作とか、そういうのです」


>【エルファ】「というか何度も触れましたけど、これフォーマットは結局ファーストガンダムですよね」


【スマッシュ】「これホップさんは何度か言っていたことですよね。でも我々の感じ方は全然違いましたね」
【けいりん】「ファーストガンダムっぽい部分はあるにはあるけど、別のロボアニメの要素もがっつり入っているな、っていうのが正直なところでした」
【スマッシュ】「ファーストガンダム要素が突出して多いわけでもないように思いました」
【けいりん】「なので、」

>【ホップ】「実はパk…ベースになってる作品は他にいくつかあって、その要素をミックスした上で自分の好みをプラスしてったってだけなんだけどねぇ」

【けいりん】「こっちの方が私たちの感じ方に近いですね」
【スマッシュ】「メガネ補正以外にも、いかにもホップさんがやりそうな展開を見かける度、にやにやしてました」

>【ホップ】「個人的に気に入ってるのはキャラのネーミングかなー。実際の姓名をベースにしつつ、かっこよくて口に出したくなるように意識しました!」

【スマッシュ】「この点に関しては本当に申し訳ないです」
【けいりん】「え、いきなり謝罪!?」
【スマッシュ】「ネーミングセンス皆無なので、他の人のネーミングさえろくに評価できません」
【けいりん】「ゴミクソめ……」
【スマッシュ】「ギャラロマに限らず、あらゆる作品でも実在の人名でも好きな名前嫌いな名前って無いかもしれない……。識別のための記号としか思ってないのかも……。思い入れなさすぎて、だから人の名前も覚えられないのかも……」
【けいりん】「ごめんなさいね、こんなやつで」

>【エルファ】「あとは恒星名を元ネタにした人型兵器・艦船名や、やけにオサレに走ったサブタイなんかもホップ節全開ではあります」

【スマッシュ】「こう言っていますけど、サブタイでああいうことする印象、ホップさんに無いんですよね」
【けいりん】「連載自体少ないですからね」
【スマッシュ】「でもサブタイトルをかっこよくしたいのはすごくわかります」
【けいりん】「影響を受けた作品によってサブタイトルの作風はかなり特徴出るんでしょうね」
【スマッシュ】「僕は作中のセリフをサブタイトルに持ってきたい病!!」

>【エルファ】「本文は何年も前に書きあがっといてそれですか…ちなみに、個人的にお気に入りとかありますか?」
>【ホップ】「色々あるけど、43章の『その先に心はあるか、その後に涙はないか』とか好きかなー。これも本編書いてる途中では浮かばなかったんだけど後になっていいフレーズが降りてきた」


【けいりん】「とあるので、我々もギャラロマで好きなサブタイランキングを発表しておきましょう!」
【スマッシュ】「第三位!『第21章:煌めきは決して届かぬ御伽噺』なんかボトムズの次回予告に出てきそうなフレーズだなって思いました」
【けいりん】「第二位!『第43章:その先に心はあるか、その後に涙はないか』心と涙っていう対になっているような、いないような、絶妙な距離の言葉がいいですよね」
【スマッシュ】「第一位!『第2章:果てのない世界の果てまで』シンプルイズベストと言いたくなる、シンプルゆえのかっこよさですね」
【けいりん】「三つとも割とシンプルなフレーズになりました。内容を踏まえないでも味わえる独立したフレーズって感じがありますね。内容とのマッチ具合を評価軸に入れた場合、また違った順位になりそうです」


〜〜ここからAfterWordsの内容〜〜

>このお話を書き始めたのはそのさらに1年近く前、2013年の春頃と記憶しています。

【スマッシュ】「構想〇年とかいうやつ、マジであるんだなって思いました。長いっすね……」
【けいりん】「我々も昔の構想を大事に抱えておけばよかったですね。次から次へと新しい物語が思い付くから、昔のアイデアは書いても書かなくても忘れちゃうんですよね」
【スマッシュ】「書かないまま忘れちゃったファンタジー作品の構想は数知れず!!」
【けいりん】「昔のアイデアならいい感じに中二病感とかもあって、美味しそうなんですけどねえ……」
【スマッシュ】「記憶が戻るよう神に祈るしかありませんな。わっはっは」

>恐らくこれが自分にとっての「チャオ小説の終わり」になるのでしょう。

【けいりん】「お疲れ様と言う他ありませんね」
【スマッシュ】「サークル掲示板に移行してもチャオ小説書き続けているのはもはや呪いでしかないですからね」
【けいりん】「呪い解除おめでとうございます!」

>思えば3年前、2018年のチャオ20周年記念の聖誕祭で、チャピルさんとスマッシュさんが「チャオ小説を終わらせる」という意気込みで小説を書いてらっしゃいましたが、それを聞いた私は相当焦っていました。
>まだギャラロマを書き終わっていないのに、ここであの2人がチャオ小説を終わらせてしまったら、ここまでの私の努力が全て無に帰してしまう。最も、2018年時点ではまだ私が死ぬまでに最後まで書ききれるかどうか分からなかったので、表立ってそれを否定することもできなかったのですが。

【スマッシュ】「確かに当時、私は必死になっていました。でも本当はチャオ小説はとっくに終わっていたのではないかと今では思います。2009年の『チャオガーデン』で一区切りでしょ、って感じです。でもそれを認められずゾンビになってしまった」
【けいりん】「『ライカ記念日』もヤバかったので、チャピルさんの手によって二回チャオ小説を終わらされた感がものすごく強くあります」
【スマッシュ】「そしてギャラロマで三回目の終了ですかね」
【けいりん】「真実の冒険は?」
【スマッシュ】「不定期連載なこともあって、チャオ小説が終わったって感想にはなりにくいかなって印象です。なんていうか、あそこだけ時空が変になっているというか……」
【けいりん】「ホップさんは、最後のチャオ小説候補にそれがしさんの名を挙げていますが」
【スマッシュ】「でもそれがしさん、チャオ小説じゃない場所で創作物を発表することを既に覚えていますからね……。読む人間が一人いるかもわからないここに対して、終わらせるつもりの作品を投げ込むイメージはないですね」
【けいりん】「『最後に投稿された』って意味ではあり得ても、『終わらせる』って意味のチャオ小説は書かない気がします。となると、もう最後のチャオ小説なんてものは登場しない気がしますね。だからギャラロマでチャオ小説は終了なのかもです」
【スマッシュ】「ホップさんかチャピルさんが終わらせたっていうのが、第二期週チャオの流れ的には正解なんですよね。そしてそうするだけの実力も熱意もあった」
【けいりん】「こういう話になると、じゃあスマッシュは書かないのかって話になると思うんですけど、回答は?」
【スマッシュ】「私にとっては『ガーデン・ヒーロー』がラストチャンスでした。やり損ねましたけど。あの機会を逃した今、私が書くべき作品は存在せず、もう『終わらせた』と手応えを得られることはないと思います」
【けいりん】「その点ギャラロマはBBS時代のチャオ小説っぽさも含んだ壮大な冒険小説でもあって、チャオ小説の終わりとしての説得力がたっぷりありますからね。ぜひ胸を張ってください!連載お疲れ様でした!!」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p134.net059085054.tokai.or.jp>

エピローグ:2021/12/23
 ホップスター  - 21/12/23(木) 0:02 -
  
※ホップ…なかのひと。チャオ23周年おめでとうございます。
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。たぶん19周年ぐらい。

【エルファ】「と、いう訳で、この1年色々ありましたけどこんな物語に1年間お付き合いしていただき、本当にありがとうございました…」
【ホップ】「もうお目汚しすることもありません!安心してください!」

【エルファ】「で」
【ホップ】「で?」
【エルファ】「結局何なんですかこの話」
【ホップ】「えっと…『スイーツは銀河を救う』的な?」
【エルファ】「丸々1年やっといてそれですか!?というか別にスイーツは救ってないですよね!?」
【ホップ】「おっかしーなー…もっとこう、キレッキレな話になると思ってたのに…」
【エルファ】「何ですかその抽象的な概念…強いて言えばガバッガバでしたよね」
【ホップ】「ぐぬぬ…でもガバガバでも面白ければいいんだよ!世の中には設定適当でも面白さと勢いでヒットした作品もあるんだし!」
【エルファ】「ほう…この作品が面白いとでも…?」
【ホップ】「すいませんでした」

【エルファ】「というか何度も触れましたけど、これフォーマットは結局ファーストガンダムですよね」
【ホップ】「本当に最初はそんなつもりはなかったんだけどなぁ…刷り込みって恐ろしい」
【エルファ】「ここまでなぞっといてそりゃないでしょう…」
【ホップ】「実はパk…ベースになってる作品は他にいくつかあって、その要素をミックスした上で自分の好みをプラスしてったってだけなんだけどねぇ」
【エルファ】「めがねとかメガネとか眼鏡とか」
【ホップ】「しーっ!」

【ホップ】「個人的に気に入ってるのはキャラのネーミングかなー。実際の姓名をベースにしつつ、かっこよくて口に出したくなるように意識しました!」
【エルファ】「その中でも一番は?」
【ホップ】「パトリシア=ファン=フロージア!」
【エルファ】「結局めがねじゃないですか!!」
【ホップ】「あっれー?おっかしーなー?(棒読み)」
【エルファ】「しかしキャラが多すぎてその大半が覚えられることはないという」
【ホップ】「それなー…」

【エルファ】「あとは恒星名を元ネタにした人型兵器・艦船名や、やけにオサレに走ったサブタイなんかもホップ節全開ではあります」
【ホップ】「これ書くためにWikipediaで調べたら恒星名って結構アラビア語由来が多くて、『アル』(英語でいうところのTheのようなもの)で始まる名前が多いんだよね。それ以外にも割と名前が似たり寄ったりになっちゃうから悩みどころではあった」
【エルファ】「だから終盤その辺あんまり名前出さずに割と有耶無耶にしたんですね」
【ホップ】「ぎく」

【ホップ】「サブタイはねー、初期からオサレ路線で行こうとは思ってたんだけど、なかなかすぐには思いつかずにだいぶ後になって悩みまくって割と強引につけたやつもあるからなー。サークル掲示板に掲載する直前で変更したのもあるし」
【エルファ】「本文は何年も前に書きあがっといてそれですか…ちなみに、個人的にお気に入りとかありますか?」
【ホップ】「色々あるけど、43章の『その先に心はあるか、その後に涙はないか』とか好きかなー。これも本編書いてる途中では浮かばなかったんだけど後になっていいフレーズが降りてきた」
【エルファ】「そんなフレーズをこんな場所で使っていいんですか…?」
【ホップ】「どうせ将来何か創作するにしてもどうせほとんど読まれないからセーフ(震え声)」

【エルファ】「…とにかく、いい加減この漫才も終わりにしましょう。どうせ漫才は定期的にやらされるんですし」
【ホップ】「たぶんこれからもごくたまに出てきて漫才やります!」
【エルファ】「最後に繰り返しになりますが、1年間という長い間『Galactic Romantica』にお付き合い頂き、本当にありがとうございました!!」
【ホップ】「さーてPSO2NGSログインすっかなー」
【エルファ】「頭下げなさいよ!!」(ツインマシンガン乱射)
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

あとがき:AfterWords
 ホップスター  - 21/12/23(木) 0:01 -
  
※これはライブラリに載せなくていいよ!


このお話のプロローグを保存したテキストファイルの作成日時は、2014年1月16日、となっています。
実際にはそのタイミングでPCを新調している関係でファイルを作り直しており、このお話を書き始めたのはそのさらに1年近く前、2013年の春頃と記憶しています。

似たようなお話(宇宙を舞台にした長編)の構想自体はかなり昔、それこそ15年ぐらい昔からずーっと持っていたのですが、
「これだけスケールのデカいお話、どう考えても書ききれないやろなー」と思い、実際に執筆することはありませんでした。

ですが、もうキッカケは覚えていないのですが、2013年春のその日、ふと思い立ったのです。
「何年かかるか分からない。ひょっとしたら、それこそ私の人生が先に終わるかもしれない。でも、折角なんだから、完結を目指して書いてみよう!」

…以降、少しづつ、本当に少しづつ執筆を進めていき、ようやくこの度完結させることができた…という話だったらシンプルなのですが。
30話ぐらいまでは本当に超スローペース、2〜3ヶ月に1話程度のペースでさぁ私の人生とどっちが終わるのが早いか状態だったのですが、2020年春の1回目の緊急事態宣言で在宅勤務になり、さらにやるゲームもなくなってきて暇になってしまったため一気に筆が進み、残りの約3分の1をそこから1ヶ月程度で最後まで書き切ってしまいました。
予想以上にあっさり書き終わってしまったことに自分が一番困惑しています…

一応全編完成後に最初から再び全て読み直し、矛盾等がないようにチェック・修正してはいますが、なにぶん全編の執筆に7年以上かかったお話ですので、連載開始時にも書いたように設定や展開上の矛盾、用語等の揺れ・間違い等があるかも知れません。
その辺りは、大目に見て頂けると幸いです。


とにかく、この作品で私の全てを出し切った…というのは言い過ぎですが、今はやり切った感でいっぱいです。
チャオ誕生から24年目に突入する、という時期的事実も考えると、恐らくこれが自分にとっての「チャオ小説の終わり」になるのでしょう。
#エルファとの漫才ならまだいけそうですし機があれば書きますがそれは別として。


思えば3年前、2018年のチャオ20周年記念の聖誕祭で、チャピルさんとスマッシュさんが「チャオ小説を終わらせる」という意気込みで小説を書いてらっしゃいましたが、それを聞いた私は相当焦っていました。
まだギャラロマを書き終わっていないのに、ここであの2人がチャオ小説を終わらせてしまったら、ここまでの私の努力が全て無に帰してしまう。最も、2018年時点ではまだ私が死ぬまでに最後まで書ききれるかどうか分からなかったので、表立ってそれを否定することもできなかったのですが。

なので、とりあえずホップスター的には『チャオ小説は2018年では終わらない』ということをどうしても示す必要があった。それを何とか形にして纏め上げたのが『Children's Requiem』なのです。その意図が上手くいったかどうかは…まぁ、皆さんの判断にお任せしますということで。

とにかく、なんだかんだでこの作品はこうして完結し、遅れに遅れましたが今日ようやく全編を掲載することができました。執筆開始時には当然全く想定していませんでしたが、結果的にこの小説は「ライカ記念日」と「ガーデン・ヒーロー」に対する私なりのアンサーであり、「ホップスターがチャオ小説を終わらせようとしたらこうなる」というアンサー、という形になりました。
#まぁ、お二人のあの2作に比べたら稚拙なことこの上ないので並べるのは傲慢という気はしますが。

まぁ、現実には「最後のチャオ小説」はそれがしさんか土星さんが全部持っていくんでしょうし、そもそもこんなくっそややこしくてキャラ多すぎて読みにくくて訳の分からないつまらん小説をマトモに取り合ってくれる人なんていないでしょうから、一つの自己満足としてここに書き残します。

最後に、こんなくっそややこしくてキャラ多すぎて読みにくくて訳の分からないつまらん小説をここまで読んでくれた(恐らくわずかであろう)読者様に多大なる感謝と、2020年春に在宅勤務にしてくれた会社に少しばかりの感謝を。在宅勤務が無ければ書ききる前に命が尽きていたかも知れません。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

エピローグ:笑え、少年少女と共に
 ホップスター  - 21/12/23(木) 0:00 -
  
かのライオットでの戦いから半年後。

X組の面々は、首都惑星アレグリオの墓地にいた。
【カンナ】「レイラ、ごめんね。…この景色、見せてあげたかった…ついでにケーキも…」
そう墓前で祈りながら、カンナはつぶやいた。


        【エピローグ 笑え、少年少女と共に】


あの入学式からそろそろ1年。
X組のメンバーが、士官学校を卒業する時が近付いていた。

【クーリア】「そういえば…」
横にいたクーリアがカンナに話しかける。
【カンナ】「何かしら?」
【クーリア】「最後…ライオットのガス惑星で、結局艦長は何を見たんですか?戻ってきた時には何故か参謀総長閣下もご一緒でしたけど…」
そう疑問を投げかけた。戦闘終了直後からクーリアは何度か聞こうとしていたが、その度にはぐらかされていた。今度こそ、と思い尋ねる。
【カンナ】「そうね…」
それに対してカンナは、少し考えた後、こう答えた。
【カンナ】「何もなかったわよ。偶然参謀総長閣下が不時着してたから拾っただけ。ただ…」
【クーリア】「ただ?」
【カンナ】「わがままな子供の幻影を見たような気がするわ。…ま、ただの夢かもしれないけどね」
【クーリア】「何ですか、それ…」
そのカンナの返答に、クーリアは呆れながらそう返すのが精一杯だった。それと同時に、これは今後もはぐらかされ続けて答えてはくれないんだろうな、と諦めた。カンナも参謀総長も(クーリアが見た限りでは)無事であるし、それで良しとしろ、というカンナの無言のメッセージだと受け取った。


さて、X組は本来であれば卒業後は軍の配属先によりそれぞれがバラバラの道を歩むのだが、彼女たちは先の戦争で多大なる貢献をしたということで、参謀総長の特別判断によりクロスバードとは別に新造艦を与えられ、各メンバーがそのクルーとしてそのまま配属される形になった。

…但し、敢えて別の道を歩む者もいた。
【オリト】「パトリシアさんは新造艦に入らないと聞きましたけど…これからどうするんですか?」
【パトリシア】「ちょっとハーラバードにいた時の伝手でな。…クリシア教の教会兼孤児院で、シスター見習いをやろうと思ってる」
【オリト】「し、シスターですか!?」
思わずオリトが聞き返す。ある意味彼女のイメージとは正反対の進路だったからだ。
【パトリシア】「半分機械で、この手が血に染まった…そして、たくさんの人の死を間近で見てきたあたしだからこそ、逆にできることがあるんじゃないかってな」
パトリシアは空を見上げながらそう説明した。オリトも納得する。
【オリト】「なるほど…」

【アネッタ】「いやーでもちょっと残念ねー、折角この半年で仲良くなれたのに。徹夜でドラマ観て大号泣してたのは忘れられないわ、『パティちゃん』」
【パトリシア】「う、うるせぇ!しょうがねぇだろ、あぁいうの見るのガチで初めてだったんだから!!あとパティはやめろ!マジで!!」
茶化すアネッタに対し、パトリシアが顔を真っ赤にして反論する。
【パトリシア】「…と、とにかく、何かあったらいつでも呼んでくれよ。カペラで駆けつけてやるからな」

【ジェイク】「…二丁拳銃持って人型兵器で暴れ回るシスターとか新手のギャグか?」
【ゲルト】「そういうのを『ギャップ萌え』とか言うらしいぜ」
【パトリシア】「そこ!聞こえてんぞ!」
近くにいたジェイクとゲルトの会話に、パトリシアがツッコミを入れた。

【マリエッタ】「私も一度、グロリアに戻ろうかと思います。…今後は、故郷と銀河のために自分が何ができるか、少しゆっくり考えたいので」
【ジャレオ】「元々ここにいるのが異例だったし、仕方ないですか…」
【フランツ】「でも現実問題として、新造艦のオペレーターはどうするんです?」
マリエッタもX組を離脱するとなると、新造艦のオペレーターが不在になる。それについてフランツが尋ねるが、それに対してはクーリアがこう答えた。
【クーリア】「それなんですけども、一般クラスの卒業生から新しく選抜すると聞いています。雰囲気的に少し入りにくいかも知れませんが…」
【ミレア】「そこは、あたし達が、フォロー、しないと…」
【クリスティーナ】「ま、何かあったら同じく途中加入組のあたしがサポートしますよー」

【ゲルト】「…で、逆にアンタはいつまでここに居座るんだよ?」
逆にゲルトが半分呆れたような目をしながら話しかけた相手は、彼女である。
【アンヌ】「あら、いてはいけなくて?」
そう笑いながら答えるアンヌ。同盟の軍服も着こなして完璧に馴染んでいる。
【クーリア】「パトリシアと違って終戦後も記録上は士官学校やX組に編入していないはずなのですが…」
【フランツ】「気が付いたらずっと居ますね…」
そう微妙な顔をしながら話す2人を意に介そうともせず、アンヌはこう続けた。
【アンヌ】「先の戦争があのような結果になった以上、これからの銀河は同盟を中心とする統一国家として再出発を切ることになります。当然、共和国の宗家という名前も名目上は意味を成さなくなる…だからこそ、私はここでまだまだ学ぶべきことがたくさんあります」
そうアンヌはもっともらしい理由を並べたが、
【ゲルト】「いやだったらまずは同盟のルールに従ってちゃんと編入手続きしろよ!!こういうのをなぁなぁで認めるのが一番まずいんだよ!!校長や軍のお偉いさんも何やってんだよ!!」
ゲルトのツッコミにかき消されていった。

【パトリシア】「というかオリトこそ新造艦には入らないんだろ?どうするんだ?」
一方、パトリシアは逆にオリトにそう尋ねる。オリトは本来「1年生」であり、士官学校のカリキュラムはまだ残っているのだが、敢えて中退し残らないと決めたのだ。その理由について、オリトはこう答えた。
【オリト】「はい、この間貰った特別ボーナスで、一度この銀河を隅々まで旅してみたいんです。この世界にはもっと知らなければいけないことがある、…いや、知りたいことがある、と思いましたから。…そしていつかは、スラムの人やチャオの為に、恩返しできればと思っています」
【パトリシア】「そうか。何か勿体ねぇ気はするけどなー…蒼き流星ぶっ倒した英雄さんがなぁ」
【オリト】「やめてください、それは…皆さんのおかげですし、何より…」
そう言いかけて俯く。本当に、あの時の判断は正しかったのか。彼女が生きる道も、どこかにあったのではないか。…オリトにとって、この半年間はその問いに対して悩み続ける半年でもあった。『士官学校を中退して旅をする』という結論も、その問いに対する自分なりの答えでもある。
【パトリシア】「…あぁ、悪い。…でも、だからこそ、胸を張るべきなんじゃないか?…蒼き流星さんも、地獄でそんな姿を見せられちゃ堪らないと思うぜ?…エカテリーナもな」
パトリシアはそう言い、オリトが持っているエカテリーナの遺品である人形に触れた。
【オリト】「…そう、ですね…そうですよね」
オリトはそう、静かに繰り返した。そこでやっと、悲しい別れ方をしてきた人達に、しっかりと応えなきゃいけない、と思い、顔を上げた。


【カンナ】「みんなー、何やってるの!行くわよ、卒業式!間に合わなくなっちゃう!」
気が付くと、墓地の入り口の近くでカンナがそう叫んでいた。
それに応えるように、全員がカンナの方へ向かい駆け出した。


【ゲオルグ】「えー皆さん、本日は誠にめでたい卒業式の日を迎え…」
いよいよ卒業式。こういう時に、校長先生の祝辞が長いのはやはり古今東西変わらない。

【ミレーナ】「…ふぁー…しっかし、あの波乱万丈な半年が嘘みたいねー…」
そんな祝辞を聞きつつ、教員席でミレーナ先生があくびをしながらつぶやく。
【エルトゥール】「平和なのは良いことではありませんか」
そう話しかけたのは、他でもない参謀総長。来賓として来ていたのだ。
【ミレーナ】「か、閣下!?」
思わず声をあげるミレーナ先生だったが、
【エルトゥール】「しーっ、声が大きいですよ、先生」
と、エルトゥール参謀総長は人差し指を口に当てた。

【エルトゥール】「…あの子達、間近で見てて、どうでした?」
そう参謀総長が小声でミレーナ先生に尋ねる。
【ミレーナ】「そうですねー…結局あたしは最後の方は医務室で寝てただけだったし、よく見てないけどー…まぁ、手がかからなくなったという意味では、成長したんじゃないかしらー?」
ちなみに、新造艦の医務官についても新たに卒業生から選抜することになっている。ミレーナ先生は、下級生、即ち「来年度のX組」の担任にスライドするのだ。
そういう意味では、クロスバードに唯一残るのが、彼女であるとも言っていい。

【エルトゥール】「今年は例外が重なって凄いことになったけど…来年度のX組についても期待していますよ、先生?」
【ミレーナ】「そんなに期待しないで下さいよー、あたしはドジやらかして左遷されたただの保健の先生ですってばー」
ミレーナ先生はそう苦笑いしながら答えた。


【ゲオルグ】「…えー、それではあんまり私の話が長くなってはいけないのでね、皆さんのご期待通り、この人に登壇してもらいましょう」
そう言い、校長先生は演台から降りる。ざわつく学生たち。呼ばれているのは、そう、彼女である。
【司会】「…それでは、卒業生代表スピーチ…カンナ=レヴォルタ少佐!!」
【カンナ】「はいっ!」
カンナがそう返事し、壇上に登ると同時に、学生が一気に沸いた。
ちなみに戦争終結時点では彼女は大尉だったが、戦争終了後に軍、というよりエルトゥール参謀総長がその活躍と貢献、そして知名度に応える形で少佐に昇進させた。また、副長のクーリア以下他のクルーも同様に昇進。かくして、異例中の異例となる、わずか18歳の少佐が誕生した。

【カンナ】「あー、あー…」
カンナがマイクを握り、声を調節する。会場は波を打ったように静まり返る。
【カンナ】「えー、なんか凄い感じになっちゃってるけど…小っ恥ずかしいな…」
そう喋り出すと、
【ジェイク】「銀河相手に大立ち回りしといて今更小っ恥ずかしいはないだろー!」
とジェイクの茶々が入った。笑う学生たち。
【カンナ】「ジェイクもその一員だったでしょ…っと、すいません。…でも、学生生活の最後ぐらいは、自分達らしく締めたいと思います!」
そう言いカンナは、自分の言葉で語り始めた。

【カンナ】「…とりあえず、色々ありすぎて正直あんまりお世話になってないけど、先生方、同級生・下級生の皆さん、本当にありがとう!!
      そして、これからもみんなのため、銀河のために!頑張っていきますので、よろしくお願いします!!」
そう言い、頭を下げた。拍手に包まれる会場。

【カンナ】「それじゃあ最後に…恒例のあれ、いきます!みんな、準備はいい!?」
そう告げると、卒業生が一斉に帽子を取り出す。

【カンナ】「卒業…おめでとう!!!」
カンナのその合図と共に、一斉に卒業生の帽子が青空へと舞った。

その青空は、アレグリオを突き抜けて、銀河の果てまで広がっていた。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

返信の中心です
 ホップスター  - 21/12/18(土) 11:22 -
  
※ホップ…なかのひと。NGSは進んだけどスパロボが進みません!!
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。年末年始にゆっくりやりましょう(フラグ)


>【スマッシュ】「オリトくんがサングラスをかけてあげるわけにはいかなかったかー……」
>【けいりん】「あの人、変装してもすぐバレますからね……。どうしようもないんですよ……」

【エルファ】「どう見ても死んだはずなのに生き残ったキャラも世の中には結構いらっしゃいますがその辺どうするんですか?」
【ホップ】「どうするも何もそこを考えだしたらキリがなくなっちゃうので…それこそPSOEP3の誰かさんみたいな真似だってできなくもない訳で」
【エルファ】「科学が有能になりすぎると物語的には逆に面倒になる、あるあるですよね」

>【スマッシュ】「そういやグロリア王国編ではアプリとしての銀河の意思が出てきて、そのアプリが比喩的な鍵なんだとうっかり思ってたんだけど、今回出てきた鍵は物理的な鍵だったね」

>【スマッシュ】「いやいや、たぶんハッキングのみじゃ無理な仕掛けになってるんでしょ。それこそハッキングされた場合こそ命の危機なんだし、そこはさすがになにか対策があるんじゃないの。だからその場合はカンナさんが鍵穴にスイーツを突っ込んで壊すんだと思う」

【ホップ】「色々考えたら結局最後は物理鍵になるんじゃないのかなーという気がしました!」
【エルファ】「電子・通信技術が発達すると逆に有効になるやつですね。実際に現場に行かないと破られない訳ですから。…でも思いっきり逆効果だった気もしますが」
【ホップ】「そこは観測者が甘すぎたっていうことにしてください…」
【エルファ】「スイーツだけに?」
【ホップ】「そ、そういうつもりでは…感想ありがとうございました!」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

狭い感想です。
 スマッシュ  - 21/12/18(土) 10:13 -
  
※スマッシュ…なかのひと。NGSの話が進む……ギャラロマはもうすぐ最終話……これはつまり!
※けいりん…チャオ?ギャラロマ2ではなくギャラロマNGSが始まるという暗号……!?


【スマッシュ】「そんな……まさか……」
【けいりん】「ええ、まさかのまさかでしたね……」
【スマッシュ】「まさか観測者を物理的に破壊しないなんて……」
【けいりん】「まさかシャーロットさんの死ぬ理由がキャラ被りだったなんて……」

【スマッシュ】「シャーロットさん、生き残らなかったね」
【けいりん】「ギャラロマ、虫も殺さない顔しておきながら平気で死人出しますから、まあ、死んじゃうでしょうねシャーロットさん」
【スマッシュ】「オリトくんがサングラスをかけてあげるわけにはいかなかったかー……」
【けいりん】「あの人、変装してもすぐバレますからね……。どうしようもないんですよ……」

【スマッシュ】「そういやグロリア王国編ではアプリとしての銀河の意思が出てきて、そのアプリが比喩的な鍵なんだとうっかり思ってたんだけど、今回出てきた鍵は物理的な鍵だったね」
【けいりん】「差し込んで使ってましたね。ちゃんとああいう使われ方を想定して、鍵差し込まれようとも都合の悪い命令はキャンセルできるように作っておくべきでしたね」
【スマッシュ】「やっぱりうっかりさんだったんだな、観測者……」
【けいりん】「うっかりセキュリティなら仮にエルトゥールさん来なくても、クリスティーナさんがどうにかできたかも?」
【スマッシュ】「いやいや、たぶんハッキングのみじゃ無理な仕掛けになってるんでしょ。それこそハッキングされた場合こそ命の危機なんだし、そこはさすがになにか対策があるんじゃないの。だからその場合はカンナさんが鍵穴にスイーツを突っ込んで壊すんだと思う」
【けいりん】「カンナさんとスイーツをなんだと思っているんです……?」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p161.net059084165.tokai.or.jp>

第46章:2021/12/18
 ホップスター  - 21/12/18(土) 0:02 -
  
※ホップ…なかのひと。やーーーーっとNGSの話が進んだ!!新エリア解放!!
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。このペースだとDF倒すまで2年ぐらいかかりません…?

【ホップ】「いやーめでたしめでたし!!」
【エルファ】「…え?これで???」

【ホップ】「え!?伏線もたぶん全部回収したしラスボスシャーロットもきれいに倒したじゃん!!」
【エルファ】「そ、そうなんですけど…なんかこう、すごくもやっとします!!」
【ホップ】「ここにきてエルファから抽象的な言葉出された!!」
【エルファ】「シャーロットさんとかこれ生き残る流れじゃないんですか!?何で迷ったとはいえ普通に倒しちゃうんですかオリト君!!」
【ホップ】「正直折角だし生かしてあげようかなって結構ギリギリまで迷ったんだけど…これでシャーロット生き残らせちゃうと、パトリシアとキャラ被っちゃうんだよ」
【エルファ】「そんな理由で!?」

【ホップ】「とにかく!実力的なラスボスを名目主人公のオリト君が倒して、概念的なラスボスを実質主人公のカンナが倒す!どうですかこのきれいな構成!!」
【エルファ】「オリト君をちゃんと活躍させたのは偉いですけど、そもそも名目と実質の主人公が別々な時点でどうかしてますよね」
【ホップ】「そこを突かれると痛い」

【ホップ】「とにかく!次回エピローグは12月23日、聖誕祭に掲載して完結予定です!お楽しみに!!」
【エルファ】「ここまで読んで下さった皆さん長い間お疲れさまでした…本当に…」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

第46章:この狭い銀河の中心を
 ホップスター  - 21/12/18(土) 0:01 -
  
【観測者】「だからといって、どうするんだい?」
観測者は自らを否定したカンナを意に介さずこう返した。ここはガス惑星全体を利用した巨大なデータセンターであり、一人で壊すのは非現実的である。クロスバードに戻っても、戦艦1隻ではまた然り。ただそれはカンナも理解していて、さて勢いで否定はしたもののどうしたものか、と思案しようとしていたところである。
…だが、ここで観測者はある事に気が付いた。
【観測者】「!!!」


        【第46章 この狭い銀河の中心を】


もう1人の人間が、この場に近付いてくる。この銀河で起こっていることの全てを観測していたはずの観測者が、『それ』に直前まで気が付かなかった。…それは、巨大な機械となってもなお、「目の前のモノに注意を引かれる」という生命体らしい行為を止められなかったという事実をも観測者自身に突きつけていた。

【エルトゥール】「やぁお嬢ちゃん、よくここに辿り着いたね。…最も経緯はどうあれ、君はいつか間違いなくここに辿り着くだろう、と私は思ってたけどね」
現れたのは、鍵を持つ者の1人、エルトゥール=グラスマン参謀総長。そう、総指揮を抜け出してここに向かっていたのだ。偶然ここに辿り着いたはずのカンナが来ることを、まるで最初から分かっていたかのように。
【カンナ】「参謀総長閣下…!」

【観測者】「まさか…やめろぉ!!」
観測者が急に慌てた口調になる。…そう、鍵があれば、ここを無力化することも容易い。
【エルトゥール】「私としては、別に観測者が居ようが居まいが構わないんだけどね。…でも、こういう物は、若くて有望な者に渡した方がいいんじゃないのかな、と思う訳さ」
と、彼は鍵をちらつかせながら言った。

【観測者】「待って待って待って!!考えてもみなよ!百何十億年とも言われるこの宇宙の歴史の中で、たった何万年ぽっちっていう時間だけで人間とチャオがこれだけの物語を紡いだんだよ?じゃあこの先どんな物語が生まれて、どんな結末を迎えるのか、文明が続く限り最後まで見てみたいじゃん!!
      もちろん文明だけじゃないさ!あと何万年かすればあの巨星は爆発するんだよ!?何十億年かすればこの銀河は隣の銀河とぶつかるんだよ!?無限に近い時間を経ればやがてこの無限にある星の輝きも消え失せていくっていうんだよ!?…そんなの、絶対見てみたいじゃん!!
      なのに、なのになのに、人間もチャオも100年すらマトモに生きられない!悲しすぎる!!そんなの、僕は認めない!認められない!!!」
必死にまくし立てる観測者。…だが、カンナには、それは意味の無いただの叫びにしか聞こえなかった。
観測者にとっては、鍵をこんな目的で使われること自体が全く想定していなかったのである。基本的に観測者は観測するだけなので、破壊する側にメリットが全くないのだからそんな事する者はいないだろう、と高を括っていたのだ。

…気が付くと、観測者の言葉は既に言語の体を成していなかった。
【観測者】「サンク・タンデールの革命者!デュラハンがやがて天極の果ての流星を掴み、物語は闇に潰される!!深遠なるアルカトレイスの星の民よ、民よ、民よおおおぉぉぉぉおぉぉおっ!!」

カンナはそんな意味不明な叫びを全く気にすることなく、エルトゥール参謀総長から『鍵』を受け取る。

そして、
【カンナ】「…さようなら、『人間さん』」
そうつぶやきながら鍵を目の前のコンピューターに差し込み、現れた仮想キーボードを軽く操作し、エンターキーを押す。
【観測者】「嗚呼…オメガ…よ…ノヴォスの…戴天…は…」
観測者はなおもそう言いかけたが、次の瞬間その黒いシルエットは霧散し、コンピューターから放たれていた光も一斉に消え、辺りは静寂に包まれた。

【カンナ】「…参謀総長、帰りましょうか。そろそろクロスバードの修理も終わってるでしょうし」
【エルトゥール】「そうだね、お嬢ちゃん」
そう言い残すと、2人は後ろを振り返ることなく、来た道を戻っていった。
2人の歩いた後には、使い道を失くしてただのおもちゃになった鍵が転がり、その背後にはそれまでの明滅が嘘のように沈黙し、ただ朽ちていくのみであろう巨大な機械が延々と横たわっているだけであった。


【シャーロット】「ふっ…ははははは!!!」
3機によって雁字搦めにされたシャーロットのフォーマルハウト。そこで突然、シャーロットが笑い出した。
【シャーロット】「負けだ、あたしの負けだよ!しかしあれだ、戦って、戦って、戦いまくった果ての最期がグロリアで知り合ったチャオに殺されるってのは因果なもんだねぇ!!」

その通信を聞いた瞬間、オリトのリゲルの動きが止まった。
オリトが、冷静に『なってしまった』のだ。
そう。冷静に考えると、グロリアでオリトはシャーロットと一緒に行動しているのだ。…そして、グロリアで知り合いを殺すのは苦しい、と教えたのが他でもないシャーロットである。
【オリト】「お、俺…!」
思わず手が震えるオリト。シャーロットはそんな様子を知ってか知らずか、さらに通信でこう叫ぶ。
【シャーロット】『さぁ、オリト君!やりなさい!一思いに!あたしを!!』
【オリト】「で、でも…!シャーロットさんだって、死にたくてパイロットをやってる訳じゃないでしょう!!言ってたじゃないですか!!友達と遊んだり、おいしいもの食べたりしたいって!!」
思わずそうまくしたてるオリト。それに対し、シャーロットは静かにこう語った。
【シャーロット】『もう、いいんだよ。地獄でやるよ、そういうのは。…この世界で普通に生きるには、あたしの手は血で汚れすぎた…』

【オリト】「でも…!パトリシアさんだって…!」
オリトはなおも、『その手を血で汚しながらも、生き残った』パトリシアの例を挙げようとするが、
【パトリシア】『馬鹿野郎!!考えてみろ、仮に戦争が終わってもコイツが生きてたらどうなるか!!無名のあたしとは違うんだぞ!!』
そうパトリシア本人が否定する。
彼女は銀河でトップクラスの有名人でありエースパイロットである。仮にこのまま戦争が終わっても、『敵のエース』であった彼女が生きていたら。悪意ある者により、更なる混乱と悲劇をもたらすだけなのではないか…そうパトリシアは言いたかったのだ。
【シャーロット】『そいつの言う通り。多分もうあたしは、自分の運命を自分では決められない…友達と遊んだり、おいしいものを食べたり、恋愛をしてみたり…なんてことができないぐらいにね』
そしてシャーロット自身もそれに同意する。現に、各軍がライオットに集う過程で彼女の名前が利用されているのだ。どちらにせよ、このまま生き残っても誰かに利用され続ける人生になってしまうのだろう、と自覚していた。

【オリト】「…っ!」
なおも悩むオリト。それに対し、シャーロットはこう続けた。
【シャーロット】『オリト君はスラムの人やチャオの未来の為に戦ってるんでしょ?だったら早く!…殺せ!あたしを!!銀河とアンタの未来のために!!!』
【オリト】「…!!」
シャーロットは以前グロリアで、オリトの生い立ちと戦う理由を少しであるが聞いていた。それを持ち出して、叫んだ。それが、今の自分にできる唯一の『誰かのためになること』だった。

【オリト】「あ…ああ…ああああああああっ!!!!!」
それを聞いたオリトはついにそう絶叫しながら、突撃。
次の瞬間、リゲルのビームサーベルがフォーマルハウトのコクピットを貫いた。

【シャーロット】『そう…それでいい…頑張りなよ、オリト君…』
シャーロットは血塗れになりながら笑顔でそう言い残し、フォーマルハウトと共に銀河の塵となった。


【ドミトリー】「…フォーマルハウト、反応、消滅…!その他敵艦隊も反撃弱まっています!」
【アンヌ】「あの…蒼き流星が…ついに…っ!!」
そこまで言葉を紡いだところで、アンヌは思わず感極まり目頭を押さえる。達成感でも、嬉しさでも、哀しさでもなく、ただ様々な感情がぐちゃぐちゃに混ざったまま表に出てきた結果だった。…しかし、ここは戦場である。一艦隊の将として取るべき行動ではない。それを十分に自覚していた彼女は、すぐに目を拭うと、個人端末を手にしてこう指示を出した。
【アンヌ】「各員、まだ終わりではありませんわ!その手を緩めないで!!」


【イレーヌ】「そう。…ある意味彼女こそ、この下らない戦争の一番の犠牲者かも知れないね…」
一方、その知らせを聞き、イレーヌはそうぽつりとつぶやき、両手を胸の前で組んで、哀しき英雄の死に対して祈りを捧げた。その手は数秒で解いたが、その後もしばらく、魔女艦隊とフォーマルハウトが戦闘していた宙域を、ただ何も考えることなく眺めていた。

この数時間後、連合軍を中心とする艦隊は全て降伏。
銀河を巡り50年続いた戦いは、ここに終結することになる。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

返信の答えです
 ホップスター  - 21/12/11(土) 11:20 -
  
※ホップ…なかのひと。「ソニックVSナックルズ」…これ絶対終盤にエッグマンが出てきて勝負がうやむやになるやつ!!
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。お約束的にそもそも劇中では対決しないまであると思います。

>【スマッシュ】「しかも管理してもらうための鍵を無作為にばらまいたら管理できないのでは……?」
>【けいりん】「この観測者さては……かなりのうっかり者ですね!?」

【ホップ】「あくまでも『いざという時』のため、しかも4つ用意しているのでぶっちゃけ誰でも構わなかったって感じで!」
【エルファ】「それにしたって大崩壊直後とはいえ銀河でたった4つって少なすぎません…?」

>【スマッシュ】「魔法少女なる者の力添えがあったわけでもない様子だから、ナノマシンは既存のテクノロジーであったと考えられる。ということは、この観測者以外の人はナノマシンをおおむね適切に扱えていたんだろうなぁ……」

【ホップ】「あとこの辺はあんまり正確に決めてないんだけど、ナノマシンは観測者が独自開発したって考えてました」
【エルファ】「えぇ…」
【ホップ】「人間を捨てて人間を遥かに上回る処理能力と永遠に等しい時間を手に入れたんだからそれぐらい普通にできるやろって話でして」
【エルファ】「それはそうなんですけど…どっかで時代設定破綻してません…?」

>【けいりん】「そしてチャオ小説で魔法少女と言えば……?その魔法少女が白とは対の黒い衣装を着ているとなれば……?」
>【スマッシュ】「ま、まさか……!!」
>【けいりん】「そう、魔法少女の正体は私、けいりんに他ならないでしょう!!!!」
>【スマッシュ】「お、お前が大崩壊の犯人だったのかーー!!」

【エルファ】「…で、結局『魔法少女』って誰なんですか?かつて私もそんな役をやらされた記憶がないこともないのですが」
【ホップ】「『魔法少女』の正体については敢えて明かさないので、皆さんの想像にお任せします!」
【エルファ】「あ、丸投げした」
【ホップ】「一応脳内ではちゃんと決めてあります!!敢えてミスリード誘う表現にしてあるので、気付く人はいない…といいなぁ」
【エルファ】「なんだかんだで候補は絞られてくるのであっさり見破られそうな気もしますけどね…」

>【けいりん】「チャオのオリトくんがペットになるのではなく……チャオのオリトくんが人間のシャーロットさんをペットにする!これこそが銀河を平和に導く最後のどんでん返しだったのです!!」

【エルファ】「このレベルでひっくり返したら面白いですけど…この作者なのでしょーもないオチしか待ってないです!ごめんなさい!!」
【ホップ】「決めつけないで!感想ありがとうございました!」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

語らざる感想です
 スマッシュ  - 21/12/11(土) 9:12 -
  
※スマッシュ…なかのひと。オープンワールドには移動を楽にするシステムがあった方がいいと思うんです。
※けいりん…チャオ?たとえば各地にあるチャオガーデンがトロッコで結ばれているとかね!!!!


【スマッシュ】「ぐ……ぐおお……」
【けいりん】「どうしたんですか死にかけのボスキャラみたいな声出して」
【スマッシュ】「めちゃくちゃ意味深に散りばめられていた情報の大半があっさり消化されてダメージを受けています」
【けいりん】「衝撃的でしたね。謎に包まれた大崩壊の真実が」

>【観測者】「…でもね、ちょっとプログラムミスがあってね。作って間もないある日、観測用のナノマシンが銀河中で一斉に暴走しちゃったんだよ」

【けいりん】「セリフ一個で片づけられるとは……」
【スマッシュ】「しかも管理してもらうための鍵を無作為にばらまいたら管理できないのでは……?」
【けいりん】「この観測者さては……かなりのうっかり者ですね!?」
【スマッシュ】「魔法少女なる者の力添えがあったわけでもない様子だから、ナノマシンは既存のテクノロジーであったと考えられる。ということは、この観測者以外の人はナノマシンをおおむね適切に扱えていたんだろうなぁ……」
【けいりん】「それがたった一人のうっかりでこんなことに」
【スマッシュ】「なんてこった……」
【けいりん】「ふっふっふ!あーはっはっは!」
【スマッシュ】「どうした死にかけてないボスキャラみたいな声出して」
【けいりん】「そんなうっかり者だったからこそ、魔法少女は彼の前に現れてそそのかしたんですよ……。魂を誘惑するメフィストフェレス的なやつなんですよ!」
【スマッシュ】「なるほど」
【けいりん】「そしてチャオ小説で魔法少女と言えば……?その魔法少女が白とは対の黒い衣装を着ているとなれば……?」
【スマッシュ】「ま、まさか……!!」
【けいりん】「そう、魔法少女の正体は私、けいりんに他ならないでしょう!!!!」
【スマッシュ】「お、お前が大崩壊の犯人だったのかーー!!」

【けいりん】「そして次回、ついにオリトくんがシャーロットさんの命を奪いますね!」
【スマッシュ】「いやいや、説得するって線もあるでしょ」
【けいりん】「……?待てよ……?」
【スマッシュ】「またしてもどうした」
【けいりん】「今までストーリー予想の焦点は『チャオのオリトくんをペットにするのはアンヌ様かシャーロットさんか』でした。しかし実際はそうではなかった……としたら?」
【スマッシュ】「ど、どういうことだ」
【けいりん】「チャオのオリトくんがペットになるのではなく……チャオのオリトくんが人間のシャーロットさんをペットにする!これこそが銀河を平和に導く最後のどんでん返しだったのです!!」
【スマッシュ】「な、なにぃぃぃぃぃぃ!?」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p205.net059085232.tokai.or.jp>

第45章:2021/12/11
 ホップスター  - 21/12/11(土) 0:04 -
  
※ホップ…なかのひと。新作ソニック正式発表!でも本当にソニックでオープンワールドやるの!?
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。それよりも実写ソニック第2弾を普通に日本でも劇場公開する方が驚きでしたよ…

【エルファ】「ネタバラシ回!!」
【ホップ】「観測者がひたすら喋ってるだけです!ごめんなさい!!」

【エルファ】「しかしなんというか、いくらなんでも唐突すぎません?観測者という名のただのガバガバフラグ回収装置じゃないですか?ナノマシンとか魔法少女とか今までのギャラロマにはかすりもしなさそうなワードがいきなりぽこじゃが出てきて…」
【ホップ】「正直、観測者については初期案には無かったんだよねー。似たようなアイデアはかなり昔から持ってて、設定的には面白そうだけどギャラロマだと浮いちゃうかなーと思ってたんだけど、この機会逃すと表に出すタイミングないよなぁと思い直して…最終的にはなんだかんだで上手く組み込めた気がする」
【エルファ】「言う程上手く組み込めてますか…?」
【ホップ】「そうでもなかったですねすいません」

【エルファ】「そして最後の最後にオリト君が…!」
【ホップ】「一応ね!主人公だからね!!ここからどうするのかは来週のお楽しみ!!」
【エルファ】「どう転んでも嫌な予感しかしないのですが…」
【ホップ】「それは気のせいじゃないのかなー(棒読み)」

【エルファ】「あと地味に大詰めの割になんか中途半端じゃないですか今回」
【ホップ】「実は最初に通しで書き終わった時は本編45話構成だったんだけど、観測者について色々書き足しまくってたら45話が最終回1時間拡大スペシャル!みたいな感じになっちゃったので分割しました!その名残です!!」
【エルファ】「色々と酷すぎる…」

【エルファ】「とにかく来週、ようやく本編が終わります!」
【ホップ】「これまで長々とお付き合いいただきありがとうございました!最後まで読んでくれるとありがたいです!!」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

第45章:語らざる者が語る、一つの答え
 ホップスター  - 21/12/11(土) 0:04 -
  
『この銀河で起こっている、ありとあらゆる事象を全てリアルタイムで記録し続けている』
そう観測者から自らについての説明を受けたカンナは、まずこの事実自体に疑問を呈した。
【カンナ】「リアルタイムって…超光速航行とそれを応用した超光速通信でも、この銀河で情報伝達するには最低数日は掛かるわよ…?」
それに対し、黒いシルエットをした観測者はこう答えた。
【観測者】「簡単に言うと、現代には失われた大崩壊より前の時代の技術、言わばロストテクノロジーさ。この銀河程度の広さなら瞬時に物質や情報をやり取りできる」
【カンナ】「そんな技術が…?」
確かにそんな技術が過去にあったとすれば、観測者が言うように銀河のありとあらゆる事象を全てリアルタイムで記録することも可能だろう。まだ半信半疑ではあったが、彼女は眼前の不可思議な光景を前にしてその話を信じるしかなかった。


        【第45章 語らざる者が語る、一つの答え】


一方、「外」の宙域では変わらず激闘が繰り広げられていた。
【イレーヌ】「魔女艦隊を援護しな!蒼き流星に敵を加勢させるんじゃないよ!!」
蒼き流星と直接やり合っている4機と魔女艦隊を援護すべく、イレーヌ元帥率いる第3艦隊が動く。目的は蒼き流星を孤立させること。そして、後は若者たちに未来を託すこと。

【イレーヌ】(たぶんこれは、人とチャオが未来へ向かう為に越えなければならない壁なんだろう…そのてっぺんに立ち塞がるのが、蒼き流星さんなんだろうさ。最も、彼女はそんなつもりはこれっぽっちもないだろうけどね…必死に戦って、必死に生きて、その結果、気が付いたら有望な若者の前に立ち塞がる壁になってしまった…それもまた、一つの悲劇なんだろうねぇ)
指揮を執りながら、そんな事を考えていた。


【カンナ】「何をやってるのかは分かったけど、誰が何の為にやってるのかしら?どこかの勢力がこの戦争を有利に進めるため?それとも旧時代の者が出来事を記録して未来に遺すため?」
カンナは観測者に対し、そんな疑問を口に出す。それに対し観測者は、カンナが予想もつかなかった答えをした。
【観測者】「はっはっは、面白い事を言うねぇ!そんな大層なもんじゃないよ、ここは。…そうだねぇ、これは言わば僕の趣味みたいなもんさ。この世の中で起こっているありとあらゆる事象を永遠に観測し続けるのが、僕の唯一にして至上の愉しみなんだよ」
…それは、カンナには到底理解のできないものだった。

【カンナ】「さすがにちょっと頭が追い付かないわね…例えばだけど、目の前で誰かがボール遊びをしていたとして、それをずっと見ているだけで楽しいかしら?普通は混ざりたいと思わない?」
彼女はその「理解のできなさ」を、こう例え話を出して問う。しかし観測者は否定した。
【観測者】「別に混ざりたいと思わない、見ているだけの方がずっと楽しいっていう思考構造をしちゃったんだからしょうがないさ。それは通常の人間やチャオの思考構造とはかけ離れているのかも知れないけれど、そこは遺伝子の悪戯なんじゃないのかな。…最も、嘗て人間だった頃の僕を鑑みると、こういう思考になるのも必然だったのかも知れないけどね」

そう言い観測者は、カンナにあるイメージを見せた。観測者と呼ばれる者がかつて人間だった頃のイメージ。

…それは、病院らしき建物のベッドで、無数の管に繋がれて横になっている少年の姿だった。

【カンナ】「…!!」
思わず言葉を失うカンナ。
【観測者】「生まれてからずっとこんな感じでね。指一本動かすことすらできなかった。…だけどある夜、不思議な夢を見たんだ」
【カンナ】「夢…?」
カンナが首を傾げるが、観測者は尚も語る。

【観測者】「目の前に黒い服を着た魔法少女が現れてね。『確かに貴方は体を動かせないかも知れない。だけど、それだけで絶望する必要はない。心があれば、それだけで世界に、銀河に翼を広げることができる』ってね」
【カンナ】「ま、魔法少女…?」
突飛な単語に戸惑うカンナ。魔法少女というフィクション上の概念は彼女も一応知ってはいるが、黒い服というのは所謂悪役が着るものであって、黒い服の魔法少女という存在は成立し得ないのではないか。それはむしろ、魔法少女というより―――というところまでカンナが思考したところで、観測者がそれを遮るように言葉を続けた。
【観測者】「その少し後に眼球の動きを追って情報を入力するコンピューターの存在を知った僕は、それを使って数年かけてここに銀河全体を観測する基地を造りあげたのさ。…そして僕は、人間であることをやめた。元々人間の身体なんてあってないようなものだったけどね」
…なるほど、そもそも「物事に参加する」ことが許されなかった身体だったからこそ、「観測する」ことだけが愉しみになったのだろう。そして、だからこそ人間の身体を捨ててこのような存在になった。不自由であるが故に覚えた愉しみのために、わざわざ自由を手に入れた。カンナも納得はできなかったが、理解はできた。

【観測者】「…でもね、ちょっとプログラムミスがあってね。作って間もないある日、観測用のナノマシンが銀河中で一斉に暴走しちゃったんだよ」
【カンナ】「まさか…!!」

それが、「大崩壊」の真実である。


呆然とするカンナを前に、観測者は補足するように説明を続けた。
【観測者】「もちろん、バグはすぐに直したけどね。気が付いた時には手遅れさ。…で、それを教訓にして、万が一何かあった時のためにここを管理する『鍵』を4つ作って、この銀河の生き残りに無作為に渡したんだ。それが巡り巡って、今の銀河の支配階級になってるって訳さ。もちろん僕が意図したことじゃないけどね」
鍵を貰った者は、情報という面で他者に対して圧倒的に有利になることができる。それを上手く利用して、鍵を持つ者は銀河の大勢力へとのし上がっていき、それが受け継がれていったのだ。
【観測者】「確か今の鍵の所持者は…同盟軍参謀総長・エルトゥール=グラスマン、連合の新大統領・クロフォード=オブリリア、共和国ハーラバード家当主・カルロス=ハーラバード、グロリア王国現女王・ソフィア=ネーヴル…の4人だったかな」

【カンナ】「…!!」
それを聞いたカンナは言葉を失う。
ハーラバード家とネーヴル家は鍵を自らの家系に代々伝え、一方同盟と連合の前身となった存在は優秀な後継者へとその鍵を伝えた。これが政体の違いとなっていたのだ。

そこで彼女は、かつてグロリアでグレイス王女誘拐事件に巻き込まれた際に、ジェームズ4世前国王やマリエッタから「銀河の意思」という言葉が出てきたのを思い出した。
【カンナ】「そういえば、グロリアで『銀河の意思』って…」
【観測者】「僕はあくまでも、この銀河のみんなが進んでいく方向を見守るだけの『銀河の意思の観測者』なんだけどね。僕の意思じゃない。僕の意思は『ただ永遠に観測し続けたい』、ただそれだけさ。550年経って『銀河の意思』それ自体に言葉が変わっちゃったんだろうね」
【カンナ】「でも、何で鍵を持ってるはずのハーラバードや連合がグロリアを…?」
【観測者】「あぁ、それはどうもグロリアの鍵を奪って独占したかったらしいんだ。ここが人間の面白いところでさ、そもそも1つも持っていないものに対してはそんなに所有欲が湧かなくても、『世界に4つあるうちの1つを貴方が持ってます』って言われたら、残りの3つを集めたくなっちゃうみたいなんだよね。独占欲ってやつ?ま、結局君たちの頑張りもあってうやむやになって失敗しちゃったけどね」

そこまで聞いたカンナは、少し考えた後、こう結論を出した。
【カンナ】「…ごめん。事情は何となく分かったけど、やっぱり、貴方は間違ってる。歪んでると思う」

これはカンナの直感だが、観測者は恐らく嘘は言っていない。本当に、ただ永遠に観測することだけを目的としているのだろう。そして、そうしている限りは自分達、ひいては銀河に大きな影響を及ぼすこともないのかも知れない。
…でもそれは、人間やチャオ、ひいては『命あるモノ』の在るべき形ではない、と思った。

そもそも、銀河一つを覆い尽くすほどのナノマシンと、巨大なガス惑星一つを覆い尽くすほどの記録装置を作り上げている時点で、既に『ただの観測者』とはなり得ないのではないか。元々銀河にあったはずのその分の資材が使われている訳だし、ナノマシンや記録装置が設置されたことによる天体運動のごく僅かなズレだってあり得るだろう。それはいずれも銀河全体から見れば限りなくゼロに近いかも知れないが、しかし決してゼロではない。


一方、『奥の手』のビットを使ってしまったシャーロットであるが、攻撃の手が緩むことはなかった。
【シャーロット】「いい加減に…しやがれぇっ!!」
シャーロットのフォーマルハウトが遠くから射撃しているアネッタのアークトゥルス目掛けて突撃する。
【アネッタ】「っ…!!」
こうなると近接戦闘に弱いアネッタは苦しい。何とかビームランチャーを1発放つが、あっさりとかわされ、
【アネッタ】「しまっ…!エネルギー切れ!?」
万事休すか。フォーマルハウトが目前に迫る。
【ジェイク】「させるかよぉっ!!」
だが、ジェイクのアルデバランがそれを体当たりで弾き出す。
【パトリシア】「これでぇっ!!」
その先にいたパトリシアのカペラが咄嗟にフォーマルハウトの右腕を掴んだ。

【ジェイク】「もらったぁっ!!」
これを好機とジェイクがビームセイバーを2本束にして斬ろうとするが、そこはシャーロット。フォーマルハウトの左手一本で受け止めてみせる。
だがジェイクもただでは終わらない。代わりにその左腕を掴み、カペラと合わせてフォーマルハウトの両手を塞いだ。
【アネッタ】「こうなったらっ…!」
ビームランチャーが使えなくなったアネッタのアークトゥルスもフォーマルハウトを抑えにかかり、3機がかりで動きを止めてみせた。

あとは―――
【ジェイク】「オリト!」
【アネッタ】「オリト君!」
【パトリシア】「やっちまえ!!」

【オリト】「…!!」
銀河の運命は、1匹のチャオに委ねられた。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

光の果ての返信です
 ホップスター  - 21/12/4(土) 11:42 -
  
※ホップ…なかのひと。あ、続編はないです(断言)
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。これ書くのに年単位で時間かかってますからね…続編書いてたら本当に色々終わります。

>【スマッシュ】「なんかこんなものがあるから戦争が続くんだって感じに破壊されそうな機械が出てきた!」
>【けいりん】「すごそうな機械が終盤に出てきて、しかも喋り出したらそれはもう壊されることほぼ確定なんですよね」

【エルファ】「そう言われるとこの手の機械が登場して壊されなかったケースってあります?」
【ホップ】「私の知ってる限りでは…ないかな…」
【エルファ】「この手の機械、存在している時点で物語的に色々アウトですからね…壊されるしかありません」

>【スマッシュ】「『宇宙の意思』を欲しがって動いている人たちも、よりにもよってスイーツガールにあっさり辿り着かれちゃって哀れ」
>【けいりん】「彼らにはシャーロットさんのビット攻撃に当たって不時着する気概が足りなかったんでしょうね」

【エルファ】「事実上当たりにいった人は自滅してますし…」
【ホップ】「とりあえず詳細についてのネタバレは次回以降のお楽しみということで、実はお偉いさんたちもこの時点では『観測者』そのものを目指していた訳ではないんです」
【エルファ】「ふむ?」
【ホップ】「だってほら…お偉いさんたちも『場所は知っている』からこそ、決戦場所がライオットになった訳で…」
【エルファ】「…念のために確認しておきますけど、それ設定ミスじゃないですよね?」
【ホップ】「これに関しては一応違います!!」

>【スマッシュ】「ギャラロマ世界はビット作らない世界と思ってたからびっくりした」

【ホップ】「よし目論見通り!!なんだかんだでロボアニメの終盤戦といえばビットがお約束でしょう!!」
【エルファ】「だからってドヤらないでください!」
【ホップ】「実はフォーマルハウトに乗り換えてからシャーロットさんの戦闘シーンをほとんど書いてなかったのはここまで秘密兵器をとっておくためだったんだよ!!」
【エルファ】「勿体ぶりすぎでは…?そんなだから印象が残念エースになってるのでは…?」
【ホップ】「ぐぬぬぬぬ」

【ホップ】「33話〜34話でΣ小隊がパトリシアを残して全滅したのもビット使って大暴れしたからで、目撃・生存者がパトリシア1人だけ、その当人も相手が強すぎて正確には把握できていなかった、連合側も情報漏洩やら何やらを恐れて味方にもちゃんと伝えていなかった…って感じかな?」
【エルファ】「それ本編で書きません…?」
【ホップ】「残念ながらもう遅いんですよ…」

>【けいりん】「そんな兵器出していたら、ギャラロマ本編のロボット事情とつじつまがおかしなことになってましたね」

【エルファ】「ご存知の通り、この作品設定ゆるゆるなんで適当に辻褄合わせてれば何とかなります」
【ホップ】「ぎぎぎ」
【エルファ】「実際Σ小隊の皆さんとかガンダムでいうところの強化人間的な存在ですし、その辺の対応力を強化した人間やチャオが出てきてもおかしくはないです。そもそもビット的なものが今の今まで存在してなかったというのも妙な話でして…」
【ホップ】「わー!わー!ごめんなさい!感想ありがとうございました!」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

見る感想です。
 スマッシュ  - 21/12/4(土) 10:24 -
  
※スマッシュ…なかのひと。聖誕祭に有給を取る……?これはつまり……?
※けいりん…チャオ?ギャラロマ2をリアルタイムで執筆&公開ってことか!


【スマッシュ】「なんかこんなものがあるから戦争が続くんだって感じに破壊されそうな機械が出てきた!」
【けいりん】「すごそうな機械が終盤に出てきて、しかも喋り出したらそれはもう壊されることほぼ確定なんですよね」
【スマッシュ】「ついに散々名前だけ出してきた『宇宙の意思』の詳細が明らかになるわけだな」
【けいりん】「なんか記録媒体らしいっすけど」
【スマッシュ】「よくわからないけどあらゆる事象を記録できるらしいから、これをコントロールできれば全世界のあらゆる情報が手に入って、それで世界を支配下に置けるってことなのかな」
【けいりん】「あるいは、最初はただ記録をするだけのマシーンだったのがいつの間にか事象を書き込める機械になっていたとかですかね」
【スマッシュ】「さすがにそこまでのことはギャラロマで起きていない気がする。ま、なんにせよぶっ壊される運命よ」
【けいりん】「哀れ機械」
【スマッシュ】「『宇宙の意思』を欲しがって動いている人たちも、よりにもよってスイーツガールにあっさり辿り着かれちゃって哀れ」
【けいりん】「彼らにはシャーロットさんのビット攻撃に当たって不時着する気概が足りなかったんでしょうね」
【スマッシュ】「どういう気概だそれ……?」
【けいりん】「大人のくせに真面目に戦争に集中してるからダメなんですよ」
【スマッシュ】「大人のことなんてどうでもいい!それよりもビット攻撃よビット攻撃」
【けいりん】「えっ」
【スマッシュ】「ギャラロマ世界はビット作らない世界と思ってたからびっくりした」
【けいりん】「……そんなびっくりすることですか?」
【スマッシュ】「前に書いたスピンオフ、主人公がサイボーグだから自機を遠隔で操作できるって設定を実は作っていたのよ。要するに、身体にリモコンを内蔵していて、ロボット側にはその受信機を入れているって設定」
【けいりん】「リモコンで遠隔操作できるんなら、ロボじゃなくドローンみたいなものを動かせばビット兵器的な運用ができますね。だからロボにドローン兵器も装備させちゃえと思っていたわけですか」
【スマッシュ】「ロボの上腕くらいのサイズ感で二基装備させたいなって思ってました。ついでにエスパーチャオの機体にもビットつけて、対決させようかと……」
【けいりん】「そんな兵器出していたら、ギャラロマ本編のロボット事情とつじつまがおかしなことになってましたね」
【スマッシュ】「書かなくてよかった〜〜!」
【けいりん】「……あっ」
【スマッシュ】「えっ?」
【けいりん】「偶然にもエスア=イトさんは共和国に雇われている設定なので、襲撃先で出会ったエスパーチャオ共々ビットの試作品をあてがわれたという体にすればギリギリつじつま合うのでは?」
【スマッシュ】「うーわ、なんで共和国に置いちゃったんだろう……」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p105.net112139183.tokai.or.jp>

第44章:2021/12/04
 ホップスター  - 21/12/4(土) 0:02 -
  
※ホップ…なかのひと。聖誕祭に有給取ろうか考え中。在宅勤務予定の日なのでぶっちゃけバレな…げふん。
※エルファ…H・FFのメガネチャオ。去年はわざわざ取ってましたよね…(※一昨年は土曜日、それより前は平成なので自動的に祝日)

【エルファ】「なんか最終盤っぽい謎展開きたー!…のはいいんですけど」
【ホップ】「けど?」
【エルファ】「シャーロットさん、結局ビットでは味方の艦隊を吹っ飛ばしただけとかやっぱりポンコツエースじゃないですか?」
【ホップ】「一応クロスバードを行動不能にしたからセーフ!」

【エルファ】「そしてアルベルト閣下は小物の最期らしい処理の仕方ではあります」
【ホップ】「正直自分でも思ったより王道展開やってんなと思った」
【エルファ】「この物語全体に言えますけど、独自色出そうとして結局王道やってる感ありますよね」
【ホップ】「結局やってること基本的にファーストガンダムだからねこれ…気付いたの大分後になってからだけど」
【エルファ】「むしろそれに後から気付くっていうのが怖い」

【ホップ】「という訳でいよいよ大詰め、次回をお楽しみに!!」
【エルファ】「『銀河の意思の観測者』、ねぇ…」
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

第44章:霞んだ光の果てで彼女は何を見る
 ホップスター  - 21/12/4(土) 0:02 -
  
カンナがパン、と頬を叩くのを合図にしたかのように、ゲルトが仮想キーボードを叩きながら砲撃の準備をする。
【ゲルト】「艦長、いけるぜ!」
【カンナ】「主砲、副砲、撃ぇーっ!!」
カンナの指示でクロスバードから次々と光が放たれる。しかし敵機・フォーマルハウトはそれを易々とかわし、クロスバードに迫る。

【シャーロット】「甘いんだよ、スイーツみたいにね!!」
そう言いクロスバードのブリッジ目掛けて一発ビームライフルを撃とうとするが、すんでのところでジェイクのアルデバランが突っ込み、もつれるようにして難を逃れさせた。


        【第44章 霞んだ光の果てで彼女は何を見る】


【シャーロット】「ちぃっ、そっちも新型か!」
続いて巨大なビーム砲がフォーマルハウトをかすめる。
【アネッタ】「悪いけど…4機でいかせてもらうわ!!」
【パトリシア】「あの時みたいには…いかねぇぞ!!」
続いてパトリシアのカペラが次々と2丁のビームライフルを連射しながら迫ると、フォーマルハウトはアルデバランを振りほどきやや下がる。
【オリト】「俺だって!」
そこでオリトのリゲルが突っ込む。最もあっさりかわされるが、注意を逸らすには十分だった。
【シャーロット】「あの時のチャオまで!!」
さらにアルデバランがビームセイバーを両剣にして斬りかかる。

【クーリア】「4対1…これなら!」
【カンナ】「いえ、油断しちゃだめよ…パトリシアの証言だとΣ小隊は5対1で屠られた…!」
4機を支援砲撃しつつ、壮絶な戦闘を目前にしてそう会話する。
現在も直接相対している4機に加え、クロスバードを含めた魔女艦隊が総出で砲撃してこれである。正に一人艦隊と形容するに相応しい状況となっていた。

とはいえ、さすがにシャーロットもこの状況は簡単ではないと悟り、ある操作を始めた。
【シャーロット】「しょうがないわね…奥の手を使うよ!!」


その時、彼女は気が付いていなかったが、この交戦域に突っ込んでくる艦隊があった。
【アルベルト】「ちょうどいい!スイーツガールも!魔女も!ついでに裏切り者も!まとめて始末してくれる!!」
アルベルト元帥率いる同盟の第6艦隊である。旗艦であるシェダルを先頭に、クロスバードの方へ真っ直ぐ突っ込んでいく。


さて、フォーマルハウトの動きの違和感に真っ先に気が付いたのは、以前に一度戦っているパトリシアであった。
【パトリシア】『…まずい、下がれ!!』
周囲の味方全員に対して慌ててそう叫ぶ。
それに対し、パトリシア本人、そして機動性のある人型兵器に乗っていたジェイク、アネッタ、そしてオリトはすぐに反応して機体を後退させたが、戦艦であり魔女艦隊から突出していたクロスバードはミレアが咄嗟に方向転換しようとするも間に合わなかった。

次の瞬間、フォーマルハウトから無数の小型ビットが飛び出し、射程範囲内全てにビームの嵐が降り注いだ。


【アルベルト】「う、うわあああああ!?」

…もちろんシャーロットは味方を巻き込む気など無かったが、ビットから放たれるビームの嵐は、蒼き流星の存在など気にせず不用意に突撃した第6艦隊を結果的にそのまま巻き込み、その大半が消し飛んだ。
アルベルト元帥の乗る旗艦のシェダルも、である。こうして彼は銀河から姿を消した。


【マリエッタ】「い、生きてる…?」
【ゲルト】「…ビットとかこの世にマジで存在すんのかよ…アイツガチでニュータイプか…っ!」
【カンナ】「じょ、状況は!?」
一方のクロスバード。物凄い衝撃が走ったが、どうやら艦も自分たちも生きている。急いで状況を確認するカンナ。
【クリスティーナ】「システム自体は生きてますがね…さすがに被弾しすぎっすよコレは…!」
ブリッジにあるあちこちの仮想モニターが一斉に赤くなり、複数の警告音が反響するように鳴り響く。
【カンナ】「ジャレオ!?ミレーナ先生は!?」
そこでカンナは、ブリッジにいないジャレオとミレーナ先生に呼び掛ける。
【ジャレオ】『こちら無事です!』
【ミレーナ】『あたしも大丈夫よー、こっちはいいから艦を!』
2人がすぐに応答したが、いずれも映像はなく音声のみ。本来であればもう少し状況を聞きたいところだが、それどころではない。通信を切り、艦内の状況把握に努める。
【カンナ】「ミレア、動かせる!?」
【ミレア】「ダメ、です、制御不能、です!」
【ジャレオ】『制御系統がやられたらしい!今向かってますけどすぐには…!』
【クーリア】「このままだと、恐らく…!」

被弾の影響によりコントロールを失った結果、クロスバードはある場所へと突っ込んでいた。
【フランツ】「ライオットの重力圏に捕まります!」
【カンナ】「嘘…!?」
ライオットはガス惑星。このままだと惑星内部に引き込まれ、脱出できなくなってしまう。

そのタイミングで、アンヌからの通信が入る。
【アンヌ】『大丈夫ですか!?』
【カンナ】「ええ、生きてるわ。でも…!」
【アンヌ】『落ち着いてください、ちょうどそのあたりは例のハーラバードの秘密基地があるはずです!そこにうまく着地できれば!』
【カンナ】「…分かったわ!やってみる!」
脱出艇で脱出することも無理ではないが、この宙域には蒼き流星がいる。脱出艇が結局撃墜されてしまう、というリスクと天秤にかけた場合、このまま突っ込んで秘密基地に着地した方がまだマシだと判断したのだ。

【ミレア】「多少の、軌道修正、ぐらい、なら!」
ミレアが必死にコントロールしようとする。その甲斐あってか、少し向きを変える程度であれば何とかできそうだった。
【フランツ】「…重力圏に入ります!」
【カンナ】「みんな、衝撃に備えて!」

クロスバードがだんだんとライオットに引き込まれ、やがてガスに紛れて見えなくなっていく。
その様子を魔女艦隊旗艦・プレアデスから眺めていた、眺めるしかなかったアンヌは、まずはクロスバード麾下の人型兵器4機に通信を入れた。
【アンヌ】「皆さん、クロスバードは無事です!フォローはこちらでしますので、引き続き蒼き流星への対処を!」
【ジェイク】『分かった!援護は頼む!!』
アネッタ、パトリシア、オリトも応答し、戦闘を続行した。


【シャーロット】「はぁ…はぁ…っ…!全っ然、仕留められてない、じゃないの…っ!!」
連合が彼女のためだけに開発した新兵器、いわゆるビットを使った一斉攻撃。第6艦隊の大半を消し飛ばし、クロスバードをも行動不能に追い込んだその威力は先ほど見せつけた通りだが、フォーマルハウトのエネルギーはもちろん、多数のビットを制御するためにシャーロット自身の精神力も相当消耗するため、連発はできない。彼女はあくまでも人の子であり、ゲルトが言っていた旧文明時代の娯楽作品に出てくるニュータイプとやらとは訳が違うのだ。
そのため、この一撃で出来る限り仕留めたかったのだが、結果的に人型兵器は1機も仕留められず。極端に言えば味方を吹っ飛ばしただけである。想定外の結果と消耗で頭を痛め唸るが、目の前に敵が残っている以上、通常兵器で対処するしかない。戦うしかないのだ。
かくして、4対1の死闘は続く。


【フランツ】「地面らしきものが見えてきました!」
【ミレア】「ちょっと、無茶です、けど、着地、します!」
次の瞬間、ズドン、という大きな衝撃と共にクロスバードが激しく揺れる。ベルトをしていなければケガしていたであろう程の衝撃が収まると、嘘のように静かになった。

【クーリア】「ここが…ハーラバードの秘密基地…?」
【マリエッタ】「しかし…何も見えませんわね…」
深いガスに覆われ、何も見えない。しかし、あることが分かる。
【クリスティーナ】「…これ、普通に外出れますぜ?大気組成とか問題ないっすよ?」
クリスティーナが大気を調べた結果、そのまま外出しても全く問題無さそうなのだ。それを聞いたカンナは、少し考えた後こう言った。
【カンナ】「…どちらにせよ、調べる必要がありそうね…ちょっと行ってくるわ」
【クーリア】「艦長!?いくら何でも一人は危険ですよ!?」
クーリアが慌てて止めようとするが、
【カンナ】「危険だから一人で行くんじゃない。クーリア、留守を頼んだわよ。ジャレオ、修理お願いね」
カンナはそう言い聞かなかった。
こうなるとどうしようもないのはクーリアが一番分かっている。クーリアは渋々こう答えた。
【クーリア】「…分かりました。くれぐれも無茶はしないで下さいね…!」
【カンナ】「ええ…!」


【同盟兵】「旧第6艦隊、『蒼き流星』の攻撃の巻き添えを食らいほぼ壊滅した模様!!」
【アルフォンゾ】「…同士討ちで自滅とは、敵ながら哀れだのぉ」
参謀総長から自軍の総指揮を任されている同盟軍第1艦隊総司令、アルフォンゾ=スライウス元帥がそうつぶやく。
…そして、続けてこう命じた。
【アルフォンゾ】「各艦隊、旧第6艦隊が空けた穴を突け!!」


カンナがクロスバードから降り立ち、真っ直ぐ5分ほど歩いていると、突然視界が開けた。
【カンナ】「これは…!!」

カンナの眼前に現れたのは、無数のサーバーのようなコンピューター。
各所が点滅し、今も動いているようだ。

彼女がしばし圧倒されていたところに、突然声が響いた。脳内に直接響く、少年のような声。
【???】「偶然とはいえ、『鍵』を持たない者がよくここに辿り着いたね…まずは自己紹介しておこう。僕は『銀河の意思の観測者』だ」
【カンナ】「『銀河の意思の観測者』…?」
【観測者】「そう。ここには550年前の大崩壊以降の、この銀河で起きているありとあらゆる事象が全てリアルタイムに記録されているんだ。ナノマシンを使ってね」
そう説明しながら、どこからともなく脳内に響いてきていた声が姿を成し、少年の影のような黒いシルエットを形取った。
引用なし
パスワード
・ツリー全体表示
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
1 / 135 ページ 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
54952
(SS)C-BOARD v3.8 is Free