●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
28 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→

ランナーゾーン ろっど 18/1/11(木) 1:48
登場人物紹介 ろっど 18/1/11(木) 2:01
1話 でも、わたしの勝ち ろっど 18/1/11(木) 2:08
2話 やってみないと分かんない ろっど 18/1/11(木) 19:36

ランナーゾーン
 ろっど  - 18/1/11(木) 1:48 -
  
俺たちとチャオの駆け抜けた青春の話。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p2072077-ipbf1006souka.saitama.ocn.ne.jp>

登場人物紹介
 ろっど  - 18/1/11(木) 2:01 -
  
・優志(ゆうじ)
本編の主人公。小学六年生。
チャオブリーダーの家庭に生まれる。
チャオレースの市民大会で勝つことを目標にブレードを育てている。
チャオブリーダークラブを作った人。

・ブレード
優志のチャオ。赤色・転生1回・0歳。
優志が幼稚園児の頃からのパートナー。
小さい頃からずっと一緒に走っている。

・浩平(こうへい)
チャオブリーダークラブの仲間。小学六年生。
柄は悪いがとても礼儀正しく、成績も良い。
チャオレースで勝つことにはあんまり興味がない。

・ミンミ
浩平のチャオ。緑色・1歳・ヒーローチカラ。
チャオブリーダークラブを作る話になって、ミンミがお年玉とお小遣いを貯めて買った。
レースはあまり得意ではない。

・巧(たくみ)
チャオブリーダークラブの仲間。小学六年生。
身長が低い。素直。子供っぽくて人懐っこい。
気分屋のクーに振り回されている。

・クー
巧のチャオ。ツヤツヤ青・もうすぐ2歳・ニュートラルオヨギ。
親にねだって買ってもらった。
泳ぎが得意。
とても気分屋で、すぐ不機嫌になる。

・優志のお母さん
優志の父と一緒に夫婦でガーデンの経営している。
チャオによく懐かれる。

・瀬野千里(せのちさと)
女子。

・ラフレシア(ラフ)
千里のチャオ。白色・1歳・ニュートラルハシリ。
人見知りだがレースにかける思いは本物。
千里のことが大好きでよく見ている。


引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p2072077-ipbf1006souka.saitama.ocn.ne.jp>

1話 でも、わたしの勝ち
 ろっど  - 18/1/11(木) 2:08 -
  
「優志(ゆうじ)、宿題どんくらいやった?」
 浩平(こうへい)がミンミとじゃれ合いながら聞いてきた。
 ミンミは1週間前にヒーローチカラタイプに進化したばかりの緑色のチャオだ。
「あー俺、宿題はやらない派だから」
「宿題にやる派とかやらない派とかあるん!?」
 ノリの良いツッコミを入れてくるのは巧(たくみ)。
「あれ、お前クーどうしたの」
「クーなら泳いでるよ。あっち」
 と言って巧はガーデンの隅にある池を指さした。
「あいつ泳ぐの好きだから。今日はクーが勝つかんな」
 クーは巧のチャオだ。確か小四の誕生日に買ってもらったやつだ。
 俺たちのチャオの中では1番"高級"で、ツヤツヤ青。もうすぐ2歳になる。進化したのは去年の8月。今では立派なニュートラルオヨギタイプ。
「クーは泳ぎ上手いけど力があんまないからなあ。もっと力つけさせないとダメだろ」
「出たー、優志"先生"」
 浩平がからかってくる。ウザいノリだ。
「うるせ」
 俺の親はガーデンを経営している。チャオを預かったり孵化したタマゴを売ったりする。
 あと、レース用のチャオを育てて大会に出させたりもする。
 だから昔からチャオには結構詳しかった。
 俺のチャオのブレードもレースで勝つために育てている。
 赤色のチャオで、まだ進化はしてない。何せ1年前に転生したばかりなのだ。
 でも頭の後ろに3本のトゲのようなものが生えてきてて、たぶんもう2週間もすれば"予定通り"ニュートラルハシリタイプに進化するんじゃないかなーって思う。
 こてっ! と、目の前でブレードが転んだ。
「ブレードまた転んでる」
 と巧。
「転生した後は体が小さくなるから転びやすくなるんだよ。そういうもんなの」
「了解でーす、優志"先生"!」
 浩平のウザいノリは続いているみたいだった。
「その呼び方やめろって……」
「でもほんと"先生"って感じだよね! ブレードに走り方教えてる時もそんなオーラある!」
 巧が褒めそやす。こういう時、巧は本当に素直だなあと思う。
 "先生"というのはもっと小さい頃にガーデンで公開チャオ実習をやっていた時のあだ名だ。
 ……まあ、実習をしていたのは父さんと母さんで俺はただの手伝いだったんだけど。
 その"先生"っていうのも父さんと母さんがからかい半分で言っていただけだ。
「ブレード」
 転んで不貞腐れているブレードを呼ぶ。!と気付いたブレードが駆け寄ってくる。
 足に触れる。チャオは怪我をすることが少ない。詳しい理屈はよく分からないが、そういう生き物らしい。
 でも足の状態が悪い時はどのチャオにもあって、そういう時は稀に大怪我に繋がったりする。
「どう?」と浩平。
「大丈夫そう」
 足の状態は悪くない、むしろ良いと言える。転んだのは最近走り方を変えた影響かもしれない。
「ブレード、スタート!」
 俺がそう言うと、ブレードはクラウチングスタートの体勢に入る。ばっちりだ。
 レース前に木の実をあげておく。ブレードはかぶりついた。昔からよく食べる子だ。
「あんまりミンミをいじめんなよなー」
 浩平が泣き言を言う。ミンミはコドモチャオの時にレースに出たことがあって、その時の順位は最下位から2番目だった。
「お前がミンミをちゃんと育てないのが悪いんだろ」
「えー」
「えーじゃない」
「"先生"厳しいっすよお」
「"先生"でもない」
「あれ、巧は?」
「あっち」
 池の方を指さしてみせる。
 もうすぐ時間なので、巧はクーを迎えに行っていたのだった。でも何やら苦戦している様子だ。
 渋々と言った様子でクーが池から上がるのが見えた。
 巧がクーと一緒に戻ってくる。
「クー、機嫌直せよー」
 クーは泳ぐのがとても大好きなので、遊んでいた途中に連れてこられてちょっと不機嫌みたいだ。
 チャオと信頼関係を結ぶのは難しい、って父さんも母さんもよく言っている。
「チャー」
 不機嫌である、ということをこれでもかというほどアピールしていた。
 どうやらクーは飼い主に似なかったらしい。
 チャオの性格はレースにおいても大事で、素直な性格の方が伸びが早い。
 ブレードは素直ではないが……何というか、とても元気だ。
「あ、来たんじゃない?」
 車の排気音が響いた。母さんの車が迎えに来たようだ。
 俺たち3人はガーデンの出入り口に向かう。
 母さんが車に寄り掛かって待っていた。
「優志の母ちゃんだ!」と巧。
「こんにちは、たっくん。クーちゃんも元気かなー?」
 チャア、とかわいい鳴き声を聞かせるクー。母さんは昔からチャオによく懐かれる。
「ユウくん、ちゃんとブレードの体調管理したー?」
「大丈夫大丈夫。ばっちり」
「じゃあ行きましょうね。乗って乗って」
 これから俺たちチャオブリーダークラブは市民大会に出場する。
 チャオレースの市民大会……"和倉市ブリーダーズカップ"だ。
「行くぞ、ブレード」
 声をかけると、ブレードはチャオ! と元気の良い声で返事をして駆け出した。


 俺たちチャオブリーダークラブのメンバーは3人だ。
 クラブっていうのは名ばかりで、俺たちが勝手にそう名乗っているだけなのだった。
「ねーおばさんまだー? あと何分くらいー?」
 巧が車を運転している母さんに聞く。
 ガーデンから市民大会の会場、和倉市民公園までは車で30分くらいだ。
「もうちょっとだからねー」
「今日何人くらい出るんだっけ?」
 と浩平。
「わかんね。母さん、どんくらい出んの?」
「んー、20人くらいかなー」
「少なくない?」巧がぼやく。
「あはは。今はどこの市民大会もそんなもんよ。昔は100人くらいいたんだけどねー」
「へー」
 母さんは結構明るく言っているけどそんなに気楽なもんじゃないってことを俺は知っていた。
 元々チャオブームはもう4年前くらいに終わっていて、今はガーデンの経営も結構危ないって言われてる。
 だから市民大会の出場者が少ないってことは、みんなチャオレースに興味がないっていうことで……それはうちの家計にとってのピンチってことでもあるのだ。
 ってこの間父さんがお小遣いを減らされた時に言ってた。
「今日ってこの間出てたあの黒いチャオ来るの? クーより泳ぎが速かったやつ」浩平が聞く。
「レンか」
 レン。和倉市では(個人的に)結構有名なチャオで、黒色のダークハシリタイプのチャオだ。
 ブリーダーは進藤っていう中一の男子。1個上だけど見た目は結構ガキっぽい。俺より身長低いし。
「出るんじゃなーい? 進藤さん家、今日来るって言ってたし」
 母さんが答える。
 こんな感じで話しながら運転している時の母さんは実は結構危ない。道を間違えたり、バンパーを擦ったりする。だからちょっと心配だ。
「レンくらいだよね、ブレードに勝てるの」と巧。
「まあ今回も俺が勝つけどな」
「ユウくんはまた何言ってんの。レースするのはブレちゃんでしょ」
「育ててんのは俺なんだから勝ってんのも俺なんだよ」
「はいはい。あ、もう着くよー」
 和倉市民公園は体育館も併設されている広い公園だ。
 駐車場だけ無駄に広いことから、俺たちのクラスでは「人気がない方のディズニーランド」って呼ばれてる。
 その二つ名の通りがらがらな駐車場――も今日は半分くらい埋まっていて、母さんはその隅っこあたりにさっと車を停めた。
「母さん疲れたから車で寝てるねー。あんたたちだけで行ってきて」
「オッケー」
「ありがとおばさん!」
「ありがとうございました」
「浩ちゃんは礼儀正しくて良い子ねー。たっくんも、ちゃーんと他の家では良い子にしないとダメよー?」
「わかってるよおばさん!」
 浩平は俺たちの中では1番身長が大きくて体格もでかいし顔も怖いけど、すごい礼儀正しい。勉強もできる。
 巧は見た目も行動もガキそのものだ。
「じゃあ行ってきまーす」
 だけど車から降りれば、俺たち3人はもう一人前のチャオブリーダーだ。
 受付に向かうとお姉さんが何人か座って待ってくれていた。
 体育館前に臨時テントを張っていて、そこをチャオレースの受付とするのが通例だ。
「はい、じゃあここに名前書いてねー。チャオの健康チェックをするから、チャオも預からせてもらうね」
「お願いします」
 大会の受付に座っているお姉さんにブレードを預ける。今日の受付担当は田中さんだ。
 ブレードと大会に出るのはもう5回目だ。勝手知ったるというやつだ。
「チャオー!」
「あ、ブレードくーん、ブレードくん待って!」
 ブレードは張り切って預けられて行った。ダッシュで健康診断ルームに向かって行った。
 チャオは飼い主に似るというが、あいつのああいうところは巧っぽい。
「ブレードってほんと優志に似てるよなー」と巧。
「は? どこが?」
 どっちかって言うとお前だろと言おうとして、
「人の話聞かないところ」
 浩平に割り込まれる。
「分かる」
 巧と浩平はいつになく連携が取れていた。
「お前ら今日のレースでぶっちぎってやるからな……」
「遅れてすみませーん!」
 ブレードが健康診断ルームに入ったのを見届けた直後くらいに、やたら髪の長いやつが受付に駆け込んで行った。
 白いチャオを連れている。ニュートラルハシリタイプ。
 速そうだ、と思った。
「危なかったね、もう少しで受付終わっちゃうとこだったよ」
「ごめんなさい!」
「大丈夫だから、ゆっくりでいいからここに名前書いてね。健康診断はまだよね?」
「はい。ラフ、行っておいで」
「チャ」
 白いチャオは返事をして引率されて行く。飼い主はそそっかしいが、礼儀正しいチャオだ。浩平似だな。
 でもその確かな足取りを見た時、ラフと呼ばれたそのチャオがすごいスピードで駆け抜けるイメージがふっと湧いた。
「優志ー?」
「どした優志?」
「や、なんでも」
 たぶんこのチャオはレースが"できる"。
 だけど勝つのは俺だ。
 俺たちは会場に向かった。


 スタート地点に立ったブレードの隣にレンがいた。
 レンは和倉市では常連の黒いチャオ。"クロヒョウ"のレン。
 泳ぎが特別上手く、走るのもそこそこ速い。だけどそれだけだ。
 "和倉市ブリーダーズカップ"のコースはいたって単純、市民公園をぐるっと1周する。
 市民公園の泳ぎスポットは1つしかない。走りでブレードに勝てない限り、どうあったってブレードが勝つ。
「では、各チャオ位置についてー!」
 審判員の合図でチャオが準備体勢に入る。ブレードはクラウチングスタートの構え。
「よーい」
 ぐっとブレードの体が前に出る。
 絶好調だ。
「行け、ブレード!」
「ドン!」
 生まれてからずっと鍛え上げ、1ヶ月前に完成させたスタートダッシュは他のチャオとの差をぐんぐん広げる。
 ブリーダーはシアタールームという個室に案内され、チャオとはマイクイヤホンで繋がっている。
 ここからブレードに直接指示を出すことができる。
 "予定通り"ブレードは快調の走り出しを決めた。市民公園の歩道を駆けて行く。
 コドモチャオながら、走りでは誰もブレードに敵わない。そういうふうに育てたからだ。
 次は第1コーナー"S字の橋"だ。池にかかるくねくねとした橋の上を走ることになる。
 人にとっては小さな曲がり道も、チャオにとっては極めて大きなカーブになる。
 ブレードはそのカーブを難なく曲がって行く。
 転びそうな気配もない。
 後方にはレンがくっ付いて来ていた。
 でもその差は徐々に広まりつつある。
 仕掛けるならここだ。
「ブレード、ダッシュ!」
 大人のチャオになるともう少し細かい命令も聞き分けられるようになるが、転生後とはいえコドモチャオのブレードはまだ単純な命令しか聞き分けられない。
 だから俺は"ダッシュ"の一言だけを徹底して教えた。
 ブレードはギアを上げる。
 レースは序盤。
 序盤が大事になる。
 中盤では多くのチャオが失速する。大抵のチャオはスタミナ作りをしていないから、序盤でスタミナ切れを起こすのだ。
 だから序盤から中盤で差を広げる。
 ブレードは第2ストレート"けやきの林道"を一気に駆け抜けた。
 一方、レンは"けやきの林道"に入った直後、転んだ。
 勝った。この差ならレンはもうブレードに追いつけない。
 後続との差をどんどん広げつつブレードは泳ぎスポットにたどり着く。
 ブレードの泳ぐスピードはそんなに速くない。でもこの差なら抜かれる心配もない。
 泳ぎスポットを抜けて、ブレードは最後のストレート"いちょう広場"に辿り着いた。
 ここまで来れば安心だ。
 そう思って一息ついた瞬間、
 白いチャオが後方から一気に差を詰めてきた。
「あのチャオ……!」
 髪の長いあいつのチャオだ。
 一目で速そうな印象を与えられたあのチャオ。
 どれくらいのスピードが出ているんだろう。
 もしかしたらブレードの倍くらいはあるかもしれない。
 "いちょう広場"を駆ける白いハシリタイプのチャオ。
 白いチャオが圧倒的優勢にあったブレードとの差を縮めて行く。
 一歩ごとに確かに縮まる。
 単純な、走力の差。
「ブレード、抜かれるな! ダッシュだ!」
 ブレードは全力で走っていた。けれど差は縮まって行く。ゴールにはまだもう少しある。
 俺は間に合わないということに気が付いてしまった。
 今のブレードは出せる力を全て使って走っている。
 スタミナだってまだ全然ある。
 だけど相手の方が速いのだ。
 "違う"。
 白いチャオはブレードの真後ろに食らいついて、
 ゴールまであと30秒くらい、というところで、
 すきま風のように――するりと抜き去って、ゴールまで駆けて行った。
 速い……!
 そのチャオがゴールしてから数秒後にブレードはゴールした。
 僅差にもならなかった。
 俺はシアタールームを飛び出した。
 白いチャオと何であんなに差がついたんだ?
 ブレードと何がそんなに違うんだ?
 進化してないから?
 そんなふうに考えながら走った。
 ゴールゾーンに着いてすぐブレードを見つけた。ブレードは疲れているみたいだったが、負けたことは理解しているみたいで、ぐるぐると悔しそうにしている。
 俺の姿を見つけたブレードはそそくさと近寄ってきて身振り手振りで悔しさを表現してきた。
 分かってる。
 白いチャオを探す。
 見つけた。
 白いチャオはあのダッシュの後でも涼しい顔をしているように見えた。
 飼い主と仲良さそうに会話しているだけだ。
 疲れを見せている様子が全くない。
 何が違うんだ?
 白いチャオが飼い主に抱き上げられる。
 俺を待っていたかのように、そいつは白いチャオと抱き合ったまま言った。
「楽しかった!」
「は……?」
「でも」
 ブイ! とピースサインを俺に見せつけてくる。
「わたしの勝ち!」
 やたら気持ちの良い笑顔が、めっちゃムカついた。
 

引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p2072077-ipbf1006souka.saitama.ocn.ne.jp>

2話 やってみないと分かんない
 ろっど  - 18/1/11(木) 19:36 -
  
 ブレードがガーデンの仮設トラックを走る。
 その走り方は力強さを感じさせない。
 パワーのあるチャオだと足の力だけでぐんぐん進めるみたいだ。
 でもブレードはパワーで進んでいるわけじゃない。
 むしろ力はあんまりない方だ。
 ブレードの速さは、走り方にある。
 "技"だ。
 他のチャオの走り方をビデオで見て、研究して、ブレードにあった走り方を見つけた。
 だから他のチャオの良いところを見つけることは、そのままブレードの走力アップに繋がる。
 今の段階でも、ブレードはかなり足の速い方だ。
 このまま成長すればプロに行っても通用するだろうって父さんは言ってた。
 だけど……
「あいつはもっと速かったよなあ……」
 チャオの走力を上げる方法は走り方を見つける以外にもたくさんある。
 ブレードが他にやっていることは、緑色のカオスドライブを飲んでとにかく走ることだ。
 カオスドライブは人で言うところのプロテインのような役割を果たす。
 あと、進化。
 進化はチャオの能力を飛躍的に伸ばすことができるらしい。
 ただ、俺は"あのチャオ"とブレードの走力の差がそういうところにはないって感じている。
 だってもし基礎的な走力にすごい差があったとしたら、序盤でリードを取れていたのっておかしくないか?
 "あのチャオ"は後半の泳ぎスポットまではそんなに速くなかった。
 でも最後のストレートに差し掛かった瞬間から、まるで別のチャオのようなスピードになったんだ。
 俺のブレードとあいつのチャオで、一体何が違うんだろう……
 そんなことをずーっと考えて、もう2日も経つ。
 "和倉市ブリーダーズカップ"のまさかの敗戦から2日経った昼。
 そいつは母さんと一緒にやって来た。
「こんにちは!」
 挨拶できるのがとても嬉しい、みたいな顔だ。
 というか、初対面じゃ分からなかったけど――こいつ女子だ!
 やけに髪が長いと思ってた。肩まで伸ばしてるとか気持ち悪い男子だなあって思ってたけど……
「こら、ユウくん! 挨拶でしょー?」
「……おう」
「こんにちは、でしょ! もうほんっとこの子は……」
「あはは。お母さん、時間大丈夫ですか?」
 "女子"が母さんの時計を覗き込みながら聞く。
「あ、ごめんね、しばらくここにいてもらっていい? 夕方には迎えに来るからね」
「はーい。送ってくれてありがとうございました!」
「ちいちゃんは良い子ねえ。うちの子もちいちゃんくらい良い子だったら心配いらないんだけどねえ」
 母さんは嫌味な目線を俺に送ってくる。
「親の教育が良いんじゃないの?」
 送り返す。
「これだから困るわあ……じゃあまたね、ちいちゃん。ゆっくりしてね」
「はい!」
 母さんが腕時計を気にしながら早歩きで帰って行く。
 え? こいつと2人? マジで?
 困るわあ……
「ブレードくん、この前見た時も思ったけど」
 "女子"が仮設トラックで走っているブレードを見ながらしんみりと言う。
「走り方きれい」
「お前、なんでブレードの名前知ってんの?」
「お母さんに教えてもらったの」
「あっそ」
 俺の返答が気に入らなかったのか、そいつはむっとした顔を見せた。
「なんか冷たくない? わたし何かした?」
「別に。今日あいつは……」
 と言いかけて、すぐに見つける。
 "女子"の後ろに隠れている白いチャオの姿を。
 ひょっこりと片目だけ覗かせてじーっと俺を見ている。
「いるじゃん」
「あ、ラフ? ラフは人見知りなんだよー。特に君みたいなこわい人相手だと」
「そいつ何歳?」
「進化したばっかりだよ。1歳」
「へー。お前何しに来たの?」
「あのさぁ!」
 ぐっと顔を近付けてくる。相当うざい。
「この子はそいつじゃなくて、ラフ! ラフレシアって名前!」
「あー……はい。今初めて知ったっつーの」
「それと! わたし瀬野千里(せのちさと)って名前あるから」
「あー……はい」
「分かってない」
「はあ?」
 "女子"はラフを抱っこして仮設トラックのスタートラインに立たせる。
 ラフは少しだけ困った様子を見せたが、飼い主の意図を察したのか、すぐにスタートポジションに入った。
 今分かった。
 チャオは飼い主に似ない。
「これで勝負! わたしが勝ったらちゃんと名前で呼んでもらうから」
「うちのホームで俺に勝てると思ってんの?」
「やってみないと分かんないでしょ」
 おもしろい。
 ホームグラウンドでの有利は多少の走力の差があったとしても覆らない。
 どんなに簡単なコースだとしても走り慣れている方が有利なのだ。
 この間の仕返しができる。
 それに、あの速さの秘密が分かるかもしれない。
 ブレードを呼ぶ。
 スタートポジションに入っているラフを指さして「ほら」と言うと、ブレードは率先してスタートポジションに入って行く。
「笛吹いたらスタートな」
「うん」
 トレーニング用に使っているホイッスルを口にくわえる。
 ブレードがクラウチングスタートの体勢に入る。
 ラフは通常のスタート体勢だ。
「よーい」
 ピー! と笛の音がガーデンに鳴り響く。
 いつも練習でやっていることだ――ブレードは最高のスタートダッシュを決める。
 序盤はラフに大きな差をつけてブレードが優勢。
 ラフの走り方に大きな特徴はない。
 速いが、あの時見せた驚異的なスピードは出ていない。
 今の状態ならブレードの方が速いくらいだ。
 このまま逃げ切る!
「ブレード、ダッシュだ!」
 仮設トラックはやや起伏のある地形だ。
 でも普段走っているブレードは、いともたやすくその地形をクリアして行く。
 一方、ラフはやや苦戦している様子だ。
 走り慣れているコースかどうかの差が大きく出て、ブレードが第一コーナーに差し掛かる地点で2匹の差はチャオ10体分くらいまで広がっていた。
 第二ストレートをクリアして、最終カーブを曲がればそのままゴール。
 さすがにこの差は縮められないだろう、と思った。
 それをちゃんと分かっているのか、"女子"はやたら静かだ。
 あの性格なら焦ってチャオに色々指示を出しそうなものだけど……
 ブレードが第一コーナーをクリアする。ラフはまだ第一コーナーの中盤くらい。
 第二ストレートを快活に駆けるブレード。
 最高のスピードが出ている。
 そう見えた。
 でも、俺は思ったほどの差が広がっていないことに気が付いた。
 おかしい――
 最終コーナーにブレードが差しかかる。
 よし、勝てる!
 そう思った瞬間、俺は見た。
 ラフのポヨが炎に変わるその刹那を。
 ラフが加速する。
 その勢いはチャオ10体分くらいあった2匹の差を、わずか2秒で半分程度に縮める。
 ほとんど飛びながら走っているようなもんじゃないか……!
 ブレードも何かを感じたのか、ちらりと後ろを振り返る。
「ダメだ、前を――」
 振り返った瞬間、ラフは最終コーナーで鮮やかにブレードを抜き去って、そのままゴールする。
 5秒くらいしてからブレードもゴール。
 またしても負けた。
 しかもホームグラウンドで。
 でもそんなことより、
「今の何だよ!?」
 ラフを抱っこした"女子"がどや顔で近寄ってくる。
「教えて欲しい? 教えて欲しいーーーー?」
 うざい……
「教えるのはいいけど、約束、おぼえてるよね?」
「うっ」
「瀬野千里」
「言われなくてもおぼえてる」
「じゃあほら」
 この"女子"の、こういういかにも楽しんでますよっていう笑顔が、どうにも癪に障る。
 俺はゴールで悔しがっているブレードを迎えに行く。
 2回目の負けだ。
 しかも今回は得意なはずのホームでの負け。
「チャウウウウ」
 ブレードがちょっと落ち込んでいた。ぽんぽんと頭を撫でてやる。
 これはブレードの負けじゃない。
 俺の負けだった。
「ほら、早くぅ」
「え、優勝した子じゃん! なんでいるのー?」
 絶妙なタイミングで巧がやって来た。
 浩平も一緒だ。
 それからミンミとクーも。



引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p2072077-ipbf1006souka.saitama.ocn.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
28 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52290
(SS)C-BOARD v3.8 is Free