●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
13 / 265 ツリー ←次へ | 前へ→

書けば書けたけど書けない スマッシュ 21/4/22(木) 20:49
日が沈めば空は赤く、沈まずとも赤いもの スマッシュ 21/4/22(木) 20:50
行列ができる スマッシュ 21/4/22(木) 20:59
書けば書けたけど書けないから スマッシュ 21/4/23(金) 8:19
感想コーナー スマッシュ 21/4/23(金) 21:39
書き終わった感想です スマッシュ 21/4/23(金) 22:25
感想かもしれません ホップスター 21/4/24(土) 12:07
返信かもしれません スマッシュ 21/4/25(日) 17:12
Re(1):感想コーナー ろっど 21/4/26(月) 19:51
返信コーナー スマッシュ 21/4/26(月) 23:09

書けば書けたけど書けない
 スマッシュ  - 21/4/22(木) 20:49 -
  
書けなくなったので書きました。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p016.net182021086.tnc.ne.jp>

日が沈めば空は赤く、沈まずとも赤いもの
 スマッシュ  - 21/4/22(木) 20:50 -
  
文章を書くことが好き。
パソコンとキーボードでなくてもいい。
紙に書くこともよくある。
たまには原稿用紙を使ってみる。

文章を書くことが好き。
寝る前に思い付いたワンフレーズを、きっと目をつぶったら忘れてしまうから、デスクライトをつけてシャープペンを手に取りノートに書きこむ。

シャープペンから押し出される細い芯は注射針に似ている。
小さな明かりに照らされて黒鉛の先端は滴っているようだった。

物語はワクチンだろうか。
人は架空の物語にも心を動かされる。
物語は血液を巡り、喜んだり悲しんだりして心は潤い、興奮は翼に変わって明日へ向かう。

その感覚が好きで、好きなあまりその好きな気持ちの行方に困って、いつの間にか物語を書き始めていた。

これって劇薬の副作用なのかも。
だとしたらこの薬、副作用の方が強いじゃんって思う。

いつか好きだった物語はもうその効き目を失って今日と明日の元気にはなっていないのに、生まれてしまった衝動はいつだって力強い欲求として根付いている。

文章を書くことが好き。
たまに……本当にたまに、自分はこの世界ではなく物語の世界に生きているのではないかって思う時がある。

それはすごく嬉しい錯覚で、ずっとその錯覚の中にいたくなる。

だってこの世界での思い出は少ない。
自分の歴史をたどるために回想してみる。
思い出に時刻はない。

朝とも昼とも夜ともわからない、部屋の中。
ただ好きな漫画のページをめくっている。
何度も何度も同じ漫画を読んでいる。

何度も読んだ本なのに、それを読むことが一番楽しいことだって思っていた。
だからずっと物語の中にいた。
そのことばかり覚えている。

他にどんな出来事が幼い自分にあったのか思い出せない。

記憶は印象が作るものだから、どうでもいいと感じたことは忘れてしまう。
きっと幼い私にとってこの世のことはどうでもよかった。

ただ物語の世界を愛していた。

幼い時に限ったこと?
そうじゃないよね。

幼少期に身に付いた偏った好みは矯正の機会を逸し、残り続けた。

だから私はこの世界のことが――
だけど私は物語の世界を愛していて。

ここじゃないと呼吸がうまくできないって言い訳してもっと入りびたるんだ。

文章を書くことが好き。
ここでならうまく呼吸ができるから。
ずっとここにいたいと思う。

だってほら。
こんなにも上手に息ができるんだよ。
こんなにも軽やかにステップが踏めるんだよ。
すごいでしょう?

私はこっちの世界にいてもいいよね?
そのことをみんなは許してくれるよね?

期待を胸に私はシャープペンシルを手に取った。
カチリ、カチリ。
ノックボタンを押すごとに針は伸びる。
そして書くほどにすり減り、また伸ばす。

書く手は止まらない。
どこまでも、いつまでも、書き続けられる。

喜んだり、悲しんだり、読後の興奮のために、物語は進む。
文章を書くことが好き。

でもね。
最近、私は理解した。

私の物語は、


誰の血管にも届いていなかったんだってこと。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p016.net182021086.tnc.ne.jp>

行列ができる
 スマッシュ  - 21/4/22(木) 20:59 -
  
「血反吐を吐くほど」って表現がある。
それくらい苦しいけど、だけど努力したんだって。
そう語る人がいる。

血を吐いたことはない。
だけど努力はしてきた、一応。
でも私の努力を人が納得できる形で表現することはたぶん難しくて。

実際のところどれだけの努力をしたのか、自分でもわからないんだ。
私はどれくらい歩いたのだろう。
走っていたのだろうか。
わからない。
それだとなにも努力していないのと同じことなのかな。

なんの成果もない人はなんの努力をしていないのと同じ。
そんなふうに見られている気がするんだ。
まるでなにもせずに生きていたみたいな、そういう扱い。

だけどさ。
息を吸って吐くだけの日常なんて、あり得ないじゃんね。
そんな毎日、退屈でやってられない。

それでもし、そんな息を吸って吐くだけみたいな日常の中でもし血を吐いたら。
誰かが見つけてくれていたのかな?

血を吐いたことはない。
一度も。
どれだけ苦しくても痛くてもそうそう血が出るものじゃない。

子どもの頃は病気がちだった。
よく熱を出して寝込んでいた。
でも寝ていれば平気なくらいの熱だった。
大したことのない病気。
血を吐くはずもない。

結核は昔は深刻な病気だったらしい。
少し前の時代が舞台の物語だとよく登場人物がこれで亡くなる。
せき込むと手が血に濡れて、それでもう先が短いことを悟るのだ。

でも今はそうじゃない。
薬を飲めば治せちゃう。
予防もできる。

BCG接種という結核の予防接種があるのだ。
いわゆるハンコ注射だ。

ハンコ注射の痕が残る人もいる。
規則的に並ぶ九つの点の痕。
あまり綺麗な見た目と思われないようだ。
痕が残った人はそれを消したいと語る。
だけどその痕は結核から身を守るワクチンの証だと思えば、気に入るかどうかは別として、意味のあるサインと思える。

私の腕にハンコ注射の痕はない。
接種をした記憶がない。

私の記憶にあるのは一つの場面だ。

小学校でBCG接種のためにお医者さんが訪れた。
私たちは一年生か二年生かで、いくつかの列を作って注射の順番を待っていた。

私はふと、自分が正しい列に並んでいるのか不安になった。

このまま列に並んで接種を受けていいのだろうか、と考えた。

並ぶ列を間違えたと思ったのか。
あるいは、先生が口にした注意の言葉を自分のことと捉えてしまったのか。

とにかく私は自分が間違った列にいると思った。

列に並んだままでいると取り返しのつかないことが起こるかもしれない。
だから私は列から外れてしまった。

列から外れたまま、私は接種を受けられなかった。

私は今も列に並べない。
みんながこの列に並ぶといいよと言う。
そうするべきなのだろうと私は理解できる。

だけど列に並んでいるとどうしようもなく不安になって、列から外れてしまう。

あの日からずっとそうなのだ。
いつも最後まで列に並んでいられない。

大学受験を全うできない。
仕事のある生活に馴染めない。
当たり前の生き方ができない。

みんなが並んでいる列、みんながここに並ぶべきだと言う列、そこに私は大人しく並んでいられない。
不安に襲われて、逃げたってなにかが良くなるわけでもないのに、でも不安に打ちのめされて列から外れる。
いつも、そうなる。

そして並ばない私だけ取り残されて、みんなは列の向こうへ進んでいく。
それをただ見ている。
列に並びなおすこともできず、外れたまま。
いつも、そうなる。

たぶん私の体を流れる血液には、人の世界を生きる上で必要な免疫が欠けている。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p016.net182021086.tnc.ne.jp>

書けば書けたけど書けないから
 スマッシュ  - 21/4/23(金) 8:19 -
  
免疫が欠けている。
だからずっと潜っていた。
免疫のいらない世界。

物語の世界はまるで海のよう。
陸地とは異なる呼吸で生きる世界。
ここでなら私はうまく呼吸ができる。

小説は、書けば書ける。

そうだったのに。
私は陸地の世界を見てしまった。
私の物語が少しも届いていない世界を直視してしまった。

それからだ。

書けば書けるはずだったものが、書けなくなったのは。

もう小説を書くことはできない。
陸地を見つめてしまったから。
もう海の中でも呼吸がうまくできなくなってしまった。

書けば書けたのに、もう書けない。

私はもう小説を書くことができない。

だから私は――

だから私は小説を書いている。
書けば書けたのに、もう書けないけど、書いている。

呼吸のやり方がわからないまま、物語を紡ぐ。
なんて息苦しいのだろう。

あれほど簡単だと思っていたのに。
ひたすらに苦しい。
だけど楽になる方法をこれ以外に知らないから苦しみながら息を吸う、息を吐く。

列は見えない。
どこに私の並ぶ列があるのだろう。

今度こそ私は列に並べるだろうか。
思い描いてみる。
おそらく無理だ、と思う。
なのに列を探している。

ずっと列の向こうに行けなかった。
並べる自信はない、無理だと思う、だけど列の向こうに行かなきゃと思う。
そこまで行けたらちゃんと息ができるようになるのだろう。

列はどこにも見当たらない。
うまく息ができない日々が続く。
いつまで苦しめばいいのだろう。
でも、まだ血は吐いていないみたいだ。

だからまだ、息をしていられる、たぶん。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p188.net182021130.tokai.or.jp>

感想コーナー
 スマッシュ  - 21/4/23(金) 21:39 -
  
じぶんで感想書きます
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p188.net182021130.tokai.or.jp>

書き終わった感想です
 スマッシュ  - 21/4/23(金) 22:25 -
  
・難産

第三話が難産でした。
今回最初に思い付いたのが第二話部分でした。

過去の記憶をあさるうちに「列」の件を発見できたのですが、非常にポエム向きだと思ったので週チャオポエムにしました。

で、注射の話をする前振りとして第一話部分を作りました。
なので第一話+第二話で、振り→オチが終わっているんですね。
だけど一応明るい話ふうに体裁を整えようと思って、むりやり第三話を作ったので難産になるのでした。


・シャニマス

アイドルマスターシャイニーカラーズ、はまりました。
ノベルゲーとして物語がよくできているんです。
久々の体験でした。

シャニマスの物語でよく使われる技法が反復表現です。

とにかく過去に使った表現を要所で繰り返し登場させます。
始めたばっかりだから見てないイベントの表現もなんか繰り返し登場しているっぽい雰囲気にびびっています。

それと、童話とか古典作品とかからの引用があるみたいなんですね。
引用と反復表現ってちょっと似ていますよね。
読者の記憶にあるものを利用する。
そういう表現って効果的なんだなあ、と再確認しました。

今回のポエムもそれにならってみようと考えたのですが、短いポエムの反復表現は物語の中の反復表現とは勝手も印象も別物で、あんまり練習にならなかった感がありますね。

とりま、引用してもパクリ呼ばわりされないような古典の名作についてちゃんと勉強してみようと思った次第です。

諸君もぜひシャニマスを読んでみてね!!
ゲームとしての楽しさは、まあ、普通のソシャゲです。


・人魚姫

第三話、苦労したっていうのは先述のとおりです。
なんか形になったのは、第一話にあった呼吸うんぬんのフレーズを再利用すればなんとかなるかも、って気付いたからです。

そこから呼吸を絡めて海の話にしたんですが……。

ここまでやるなら人魚姫とかの童話をモチーフにすればもっとよくなったのでは?

気付くのが遅かった……。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p188.net182021130.tokai.or.jp>

感想かもしれません
 ホップスター  - 21/4/24(土) 12:07 -
  
私も左肩付近にBCGっぽい痕が今でも残ってます。でも受けた記憶ないなぁ。いつだろう。

ついにスマッシュさんも自伝を…!?
そういえば身内で自伝がブームになった時スマッシュさんはやってなかったですよね確か。
私もやってなくてよく分かんないやつでお茶を濁したので人のコト言えませんが。


まぁそれはそれとして、「人と一緒の道を歩くことで不安になる」というのは、こと同調圧力がなんたらかんたらというこの国ではとっても生き辛いだろうなぁ、と思いました。
それでも人はどうにかして生きなければいけない(少なくとも現代社会ではそのように定義されている)のが悲しいところです。

まぁそんな国ですから、人と一緒の道を歩きたくても歩けない人が声を上げてその都度炎上してる(どちらに落ち度があるかは一旦置いといて)最近の情勢というのも、スマッシュさんにとっては違う景色で見えているのかなぁ。


まぁそれはさておき、それでも所謂アウトローな生き方をしている人ってそれなりにいるんですよね。元々1.2億も人間がいる国なので、それだけ人間いればレールに乗らない生き方をしている人間もそれなりにいる訳で。

ろっどさんのチャオ・ウォーカーに『僕の人生には、常にレールが敷かれている』という言葉があって微妙に流行りましたけど、私に言わせれば、彼らアウトローも『レールに乗らないという名前のレールに乗せられているだけなのでは』と思ったことがあります。
というかこのフレーズをどっかで入れたくてホップスター版チャオ・ウォーカーを構想したんですけど残念ながら書けずにボツになりました。それはともかく。


まぁでも、それでも、もがき続けていれば何かある、と思います。
私と違って書けば書ける人間なのですから、ラノベのレーベルも1つじゃないですし、まぁ運が悪かったと思って次を目指した方がいい…というか、結局残念ながらこの世界はそういう人間の方が得をするシステムになっているらしいのです。
きっとそのうち水の呼吸でも身に着けて鬼の頸を斬れるようになれますよ。え?このネタ通じない?

あととりあえずセガだしという軽い気持ちで始めたサクラ革命がゴタゴタしまくった挙句半年で死ぬので移住先を探してます。
でもこのタイミングでウマ娘をやるのは逆になんだか気が引けるなぁ、とか考えてる私もひょっとしたら列に並べない方の人種なのかも知れません。
セガにしては珍しく上手いこと当たってるプロセカあたりがいいんだろうか。しばらく要検討。


といった感じで感想かどうかよく分かりませんが思ったことを書き残しておきます。
そろそろPSO2のコンサートいってきますね。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

返信かもしれません
 スマッシュ  - 21/4/25(日) 17:12 -
  
やったー!まさか感想来ないと思ったけど来ました!


>ついにスマッシュさんも自伝を…!?
>そういえば身内で自伝がブームになった時スマッシュさんはやってなかったですよね確か。
>私もやってなくてよく分かんないやつでお茶を濁したので人のコト言えませんが。


あの時は語るべき過去を思い出せなかったんですよね。
「自分を構成した出来事」として紹介できるエピソードなんて全然心当たりがなかったんです。
ろっどさんは昔のことを細かいところまで記憶できすぎていて、その差を痛感させられたこともあって、書けそうになかったんですよね。

それがつい最近、列のことを思い出して、「ああ、これじゃん!」って思ったんです。
これなら書けると思ったら、書いていました。


>まぁそれはそれとして、「人と一緒の道を歩くことで不安になる」というのは、こと同調圧力がなんたらかんたらというこの国ではとっても生き辛いだろうなぁ、と思いました。


不安って面倒くさいですよね。
だって不安って理路整然としていないんですもん。

人と一緒の道を歩いているのに、自分だけ「お前はなんでこの道を歩いているんだよ、ダメだろ」って怒られてしまいそうな気がします。
理屈で考えたら、みんなと一緒に歩いていて自分だけ怒られるなんて、そうそうあることじゃないです。
だけど怖くなっちゃうんですよね。

なんなのでしょう、これ。


>まぁそんな国ですから、人と一緒の道を歩きたくても歩けない人が声を上げてその都度炎上してる(どちらに落ち度があるかは一旦置いといて)最近の情勢というのも、スマッシュさんにとっては違う景色で見えているのかなぁ。


う〜〜ん、意外とそこについては同じような景色が見えているかもですね。

生きづらい人の生きづらさが解消されるのは良いことで、そういう多様性に目を向けようっていう最近の流れは非常に良いと思うんですけど。

声を上げる人が攻撃的な姿勢になるのは怖いなって思います。
さして関心のない野次馬が攻撃的なことを言うのは、そういうもんだよねって思いますけど、生きづらさで声を上げる側が攻撃的になっているのはなんか怖いです。

攻撃しなければいけない相手なんですかね、人間って。
僕も人間なのに。
そういうこと考えちゃいます。


>ろっどさんのチャオ・ウォーカーに『僕の人生には、常にレールが敷かれている』という言葉があって微妙に流行りましたけど、私に言わせれば、彼らアウトローも『レールに乗らないという名前のレールに乗せられているだけなのでは』と思ったことがあります。
>というかこのフレーズをどっかで入れたくてホップスター版チャオ・ウォーカーを構想したんですけど残念ながら書けずにボツになりました。それはともかく。


『レールに乗らないという名前のレール』って結構需要があるんですよね。
まさにホップさんが直前に書いているとおり「アウトロー」ってやつに憧れてそこに向かう人がいるんですもんね。

そのレールからさらに外れると、途端に誰からも興味を持たれなくなっちゃうのは一体なんなんでしょうか……。
外れれば外れただけ褒めてもらえるわけではないみたいで……、難しいですね。


>まぁでも、それでも、もがき続けていれば何かある、と思います。
>私と違って書けば書ける人間なのですから、ラノベのレーベルも1つじゃないですし、まぁ運が悪かったと思って次を目指した方がいい…というか、結局残念ながらこの世界はそういう人間の方が得をするシステムになっているらしいのです。
>きっとそのうち水の呼吸でも身に着けて鬼の頸を斬れるようになれますよ。え?このネタ通じない?


単にもがくのはやめて、泳ぎ方を考えながらもがこうと決めました。
なんか水の呼吸みたいな感じで子供たち+親御さんに流行するような作品を書いて、社会現象になって、過去に流行った作品全てをぶっ潰すような名作をいつか生み出したいですね。


>あととりあえずセガだしという軽い気持ちで始めたサクラ革命がゴタゴタしまくった挙句半年で死ぬので移住先を探してます。


そんなあなたにアイドルマスターシャイニーカラーズ!!
と言いたいところなんですけど、わざわざ他人に薦めるほどの面白さをソシャゲから感じません。
別に移住せずに漫画やアニメでもいいのでは……?

まあ、シャニマスは読んでいて楽しいシナリオがありますけどね!


>そろそろPSO2のコンサートいってきますね。

なぜコンサート前にこんな陰鬱とした作品の感想を書こうと思ったのか……。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p078.net220148079.tokai.or.jp>

Re(1):感想コーナー
 ろっど  - 21/4/26(月) 19:51 -
  
BCG受けた記憶あります。小学1年生だったかな。女の子が薄着になってて嬉しかったです。あんなラッキースケベは二度と起こらんのよな。

架空の物語だと最近は忘却バッテリーに感動したかな。
ぼくが感動するものには2種類あって、ひとつは強い経験があるもの、もうひとつは作者の技術が高いものなんですよ。
スマさんの作品の場合は技術の高さにおおってなることがままあるんすけど、前者の感動のほうがイージー・ゲットなのよね。

昔のぼくって多分すごいお節介クソ野郎だったと思うんですよ。あるときやめました。
作中の言葉を借りれば「誰の血管にも届いていない」ことに気が付いてやめたんですね。
でもぼくの血も回らなくなっちゃったんですよ。困りましたね。
心臓を動かしたくて昔の脳に戻そうとしているんですが、なかなか上手く行かないです。一度変わった脳が元の形に戻ることはないんでしょうね。
だからスマさんが脳の形を変えない選択をすること、支持します。感想を書こうと思ったのもこれが言いたかったからです。

ところでぼくは血を吐きたい人間なんですよね。ぼくとスマさん似てるとこあるじゃないですか。だけどやっぱ違う人間なんだな。
今度またオフ会しましょう。当時とはまた違った発見があって良いかもしれないね。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Linux; Android 10; A001SO) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko)...@om126194221024.10.openmobile.ne.jp>

返信コーナー
 スマッシュ  - 21/4/26(月) 23:09 -
  
>BCG受けた記憶あります。小学1年生だったかな。女の子が薄着になってて嬉しかったです。あんなラッキースケベは二度と起こらんのよな。

>女の子が薄着になってて嬉しかったです。

>女の子が薄着になってて嬉しかったです。

は?

は?

僕は思春期を迎えてから自己嫌悪に陥るレベルのムッツリスケベだけど、小学一年生の頃のラッキースケベの記憶なんて一切残ってないんですけど?
これってどういうことですか?

ねえ、返してよ!
僕のラッキースケベの記憶!!返せよ!!!!

そそ、それか性格も見た目もいい女性との恋愛をく〜〜ださいっ!!
そして僕は幸せな家庭を築くんだ〜〜い!!


>スマさんの作品の場合は技術の高さにおおってなることがままあるんすけど、前者の感動のほうがイージー・ゲットなのよね。

イージーゲットしてぇ〜〜〜!!!
ひねった物語をがんばって書いてもリターン全然ないからな〜〜。
テンプレどおりだなって感じの物語で、物語に慣れてない層の感動をイージーゲットしてぇ〜〜〜!!!


>昔のぼくって多分すごいお節介クソ野郎だったと思うんですよ。あるときやめました。
>作中の言葉を借りれば「誰の血管にも届いていない」ことに気が付いてやめたんですね。
>でもぼくの血も回らなくなっちゃったんですよ。困りましたね。

>心臓を動かしたくて昔の脳に戻そうとしているんですが、なかなか上手く行かないです。一度変わった脳が元の形に戻ることはないんでしょうね。

脳を変えるって一瞬でできることとは思えないんですよね。
少なくとも僕には無理ですよね。
一瞬で変えられるんなら、もっと楽な生き方できているわけで。

だとすると、お節介クソ野郎を再開して、お節介クソリハビリを続けていけば元に戻るのでは?


>だからスマさんが脳の形を変えない選択をすること、支持します。感想を書こうと思ったのもこれが言いたかったからです。

あー。
脳を変えるってこと、最近よく考えます。
小説とあんまり関係ない部分は変えた方が生きるの楽になるのかなって。
でも小説の部分は絶対に変えたくないです。
それ変えちゃったら、楽しみなことがぐっと減っちゃいそうだから。
うん、だからたぶん変えません。


>ところでぼくは血を吐きたい人間なんですよね。

僕も割と、血を吐くほどの努力するのってかっこいいなって思います。
たぶん十代の時だったら「血を吐くほど努力するわ〜〜!!」とかほざいています。

だけど――

だけど、やっぱり苦しいよ、それ。


っていうのが今の僕です。


>今度またオフ会しましょう。当時とはまた違った発見があって良いかもしれないね。


チャオラーとはオフ会に限らずもっと……と言いたいけど、それは僕がもっとみんなを魅了できるようになったら実現する話なんでしょうね。
カリスマ性とか人たらし度とかを磨きたいな〜〜
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p122.net220148108.tokai.or.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
13 / 265 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
53818
(SS)C-BOARD v3.8 is Free