●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
4 / 2430 ←次へ | 前へ→

チャオ小説について「意見」です。
 緑茶オ  - 20/5/20(水) 22:22 -
  
題名が書きたかっただけなところはある。
むしろ後に続くものがない……。
んま、「絵無し漫画」かそうじゃないか、なんてチャオ小説にとっては些末なことなのよね。
それをどこかの誰かがよく騒ぎ立てたから、あたかも当時喧々諤々に議論された話題だと思い込んでるだけだよ。
ノイジーマイノリティの言葉が指すように、主流でない人ほど、己の自己顕示欲を満たすために、己を正当化する要素を強調するのよ。
そう、緑茶オのようにね。
本当の中心っていうのは台風の目のように、静かで穏やかで暖かい。
そういった視点がどんなに文章を書くのに苦痛を伴うほど平凡であっても、ちゃんとそこを見て書かないと、本質からずれるよ。
スマさんは多分にチャオ小説の「歴史小説」を書きたがってるきらいがあるよね。
目立つ時代変化、象徴となる人、指針となる分かりやすい言葉。
正しい歴史じゃなくて、面白い歴史が欲しい。
僕の過去の蛮行は、スマさんの創作欲を満たすのに格好の材料だったんだろうね。
もしかすると、スマッシュさんも半ば意識的にそう描いてるのでは。
「チャオ小説の歴史」とは言いつつ、心のどこかでフィクション書いてます、っていう意識がある。
でも、周りは「歴史」と言うからには「忠実」であることを期待するわけで、そうなりゃ僕がフォーカスされていること自体がおかしい。
僕は傍流で、主流になるものはもっと別にあるはずだし、実際にそう。
でも、スマさんはそんなこと書いたって面白味も何ともないから、敢えて僕を取り上げる。
ネタにしやすいから。
ある意味分かりやすい言葉で周りを煽り立てるニンゲンほど面白いものは無いからね。
それで、在宅「勤務」だっつってんのに、昼間っから僕がどうのこうのなんていう話をしてるわけだよ。
僕が歴史の転換点になるとか、一目見て嘘だと分かるものでしょうに、皆、真面目過ぎじゃありませんか?
いや、在宅「勤務」だっつってんのに語っていることが不真面目なのか?
まあ、それは別に良いとして……。
改めて緑茶オとしてチャオ小説について「意見」を述べるのであれば、
年老いて「技術」や「経験」は蓄積されども、「情熱」は消えるばかりだ、ということ。
だから、チャオ小説に対して少しでも「情熱」があるなら、あるうちに形にしたほうが良いよ。
放っておいたら、すぐにでも消えてしまうからね。
あのときの僕は若かったし、愚かだったけど、羨ましいと思うこともよくある。
思ったことをすぐに小説にしようとするバイタリティ、取り戻せるサプリメントは無いものか……。
ゲーム欲も、自己顕示欲も、ありとあらゆるものが僕の身体から抜けてしまいました。
あと残っているものと言えば髪の毛と魂くらいなものです。
こんな風になる予定はなかったんだけどなあ。
商社に入って、イケイケな仕事人として30までには結婚して、幸せな家庭を築く予定だったのに、どうしてこうなった。
……今考えれば、正当に残当な人間になっている気もするが。
まあ、変人はいつまで経っても変人ですわな。
多分そこについては変わらんね。

引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p1251245-ipngn200808tokaisakaetozai.aichi.ocn.ne.jp>

ホップさん発!週チャオのことを外部の人に語る祭り... スマッシュ 20/5/18(月) 3:11
2020年05月18日、未完成バージョン スマッシュ 20/5/18(月) 3:13
週チャオについての説明の部分 スマッシュ 20/5/18(月) 3:18
チャオ小説で目立った作風や文体を解説する部分 スマッシュ 20/5/18(月) 3:19
2020年05月19日、追加分 スマッシュ 20/5/19(火) 1:34
目立った文体や作風を解説する2 スマッシュ 20/5/19(火) 1:35
2020年05月20日、追加分(面白さがだいぶ減ったよ) スマッシュ 20/5/20(水) 2:00
目立った文体作風3 スマッシュ 20/5/20(水) 2:01
チャオ小説について「意見」です。 緑茶オ 20/5/20(水) 22:22
発言者削除 スマッシュ 20/5/20(水) 23:39
成る程〜。 緑茶オ 20/5/21(木) 0:37

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
4 / 2430 ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52031
(SS)C-BOARD v3.8 is Free