●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
14 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→

☆★☆感想・伝言用ツリー☆★☆ ホップスター 18/12/23(日) 0:03

多分70分見た! だーく 18/12/29(土) 15:43
感想ありがとうございます 冬木野 18/12/31(月) 14:38

多分70分見た!
 だーく  - 18/12/29(土) 15:43 -
  
平日の夜に見たせいで、うとうとしながら見ていました。
なんか記憶が途切れ途切れですが、多分全部見ました!

僕は東方についてほとんど無知です。
舞台だったりキャラだったりに感覚的な理解はありませんが、それでもすべてを投げ出すことが得意技の僕が途中で投げ出すことなく最後まで見られたので、見やすい作品に仕上がっていたのではないかと思います。

すまさんはこの作品を見て「もっと広い層に動画を見てもらいたい意図があったのではないか」と言っていましたが、僕はその逆の印象で「これはチャオラーに見てもらいたかったんだな」と感じました。
チャオに関する説明の描写が多かったので始めは広い層向けだと思いましたが、結局は内容の通り、東方の舞台がチャオラーへのメッセージを送るのに適した舞台だったから使った、加えて好きなものを全部ぶち込んで一作品にしてやった、という感じですかね。僕の大好きなASGOREが流れたらどうしようとビクビクしていました。
いずれにしても、チャオラーのコミュニティに向けて発信したのは正解だったと思います。

内容は、チャオラーのコミュニティの深いところも知っていて、そこから離れたことも知っている冬きゅんだからこそ書けた内容だな、と思います。
少なくとも僕は、かつてチャオ界隈にいた、をこんな直球では書けないです。

作品的なところでいうのであれば、僕は冬きゅんを『爆発的な必殺技はないが自分のムードを作るのは上手い』と評価していました。
今作は媒体や二次創作という要素の影響もあるとは思いますが、武器を捨てて戦ってみよう、という印象を受けました。
使った設定の相性が良かったですね。ここに注力したのは正解だと思います。
強いて言うなら、東方について僕がもう少し詳しければ、もうちょっとまともな感想を持てたのかもしれないな、ということですかね。如何せん東方の比率が高いので万人受けは難しいでしょうし、入り込みにくさという点でそもそもクロスオーバーが難しかったですね。この形の上では、良い作品になっていると思います。

個人的にはチャオ作品を見てみたいなああああ。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@42-144-177-217.rev.home.ne.jp>

感想ありがとうございます
 冬木野  - 18/12/31(月) 14:38 -
  
>僕は東方についてほとんど無知です。
>舞台だったりキャラだったりに感覚的な理解はありませんが、それでもすべてを投げ出すことが得意技の僕が途中で投げ出すことなく最後まで見られたので、見やすい作品に仕上がっていたのではないかと思います。

こういう評価を頂くと、とりあえず見れるだけの作品には仕上がっているのかなと安心します。ありがとうございます。
ニコニコの方では反響の声は勿論無いんですが、いつの間にかマイリス登録が3人になっていて慄いていたりして。誰だ!? ここにいる人か!? それとも見知らぬチャオラーか!?


>すまさんはこの作品を見て「もっと広い層に動画を見てもらいたい意図があったのではないか」と言っていましたが、僕はその逆の印象で「これはチャオラーに見てもらいたかったんだな」と感じました。
>チャオに関する説明の描写が多かったので始めは広い層向けだと思いましたが、結局は内容の通り、東方の舞台がチャオラーへのメッセージを送るのに適した舞台だったから使った、加えて好きなものを全部ぶち込んで一作品にしてやった、という感じですかね。僕の大好きなASGOREが流れたらどうしようとビクビクしていました。

正直に言ってしまうと、作っている最中の私の意図がどうだったのかは、今となっては自分でもわからなくなってしまいました。
一番先に文章だけ作ってしまって、その後に背景素材や動画作成に取り掛かっていったわけですが、その後も文章の方は何度も作り変えていました。
ただ本能的に最適な形を探していたのは覚えていますが、そのとき誰に向けて作ろうとしていたのかはあまり意識していなかったはずです。
ただ、最後の最後に八雲紫に語らせた言葉は完全にチャオラーに向けていたのは間違いありません。あの文章が出来たのは動画編集の最終段階、つまり聖誕祭前日の土壇場です。眠気と疲労で建前が剥がれた結果なのかもしれません。
結局僕は最後までチャオラーだったのかなぁ。

ASGOREはオチャが自分の存在を掛けて戦うような展開でも無ければ使えませんね!
tobyさんの音楽はパワーが有り過ぎて適当には引用できぬ……。


>個人的にはチャオ作品を見てみたいなああああ。

これだ! 私が幻想入りという媒体に頼った理由がはっきりしました。
今の私に、一からチャオ小説を書くことは難し過ぎるんです。

ここ数年、他作品のキャラクターなどの要素を分解・理解・紹介するという体験をしてきたので、異なる作品同士を組み合わせることには多少なりとも慣れていました。これを私の新しい武器として、今回の動画を作ったんですね。
けど今からチャオ一本で作品を作れということになると、どうしたらいいかわからないです。
幻想郷という舞台とその住人達がいなかったら、今年の聖誕祭に用意できるものは何も無かったかもしれないです。
だからこそホップさんや宏さんみたいな作品が眩しく見えてしまうんでしょうね……。


感想は以上になります。ご視聴ありがとうございました!
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126006085183.bbtec.net>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
14 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52031
(SS)C-BOARD v3.8 is Free