●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
22 / 253 ツリー ←次へ | 前へ→

☆★☆感想・伝言用ツリー☆★☆ ホップスター 18/12/23(日) 0:03

感想2020です 冬木野 18/12/24(月) 20:19
返信2030です スマッシュ 18/12/25(火) 0:20

感想2020です
 冬木野  - 18/12/24(月) 20:19 -
  
凍り付いた人々を砕いて回るマユカや、いつか凍るかもしれないという未来を想像しながら結ばれるカップル達の姿からは、普通の日常にはない異質さを感じました。
この異質さに自分は付いていけるだろうかと不安になりましたが、この異質さが向かう結末はどんなものだろうとも思わされ、終わりまで読み進めさせてもらいました。
ついにはインクも、自らの家族を砕く。二人と一匹が同じ想いの元、親しかった人達に手を下す(この言い方は適切なんでしょうか)。
自らの意志に迷いの無い登場人物達の姿は、「凍った人を砕くなんて良くないんじゃないか」と思っていた自分の考えを「こういう形も有りなのかもしれない」と変えさせるに足る強さがありました。

結局最後まで、人は本当に転生するのかは描かれず、マユカ本人の主張があるのみとなりましたが、インク達の行為に安易な正当性を与えず、読み手に考えさせるものとして印象に残ったと思います。
自分だったらどんな形であれ結果を描写したがったと思うので、この結末には深く感心させられました。

とにかく一貫して、何かエネルギーのようなものが滲み出ている、と感じた作品でした。
わざわざ私の作品の設定を引っ張り出すなんて物好きだなーと思って気になっていたんですけど、やっぱり私の作品とは違った味付けで面白かったですね。

ま、そもそも私の書いたアレがどういう感じだったのか思い出せないんですけどね!
読み返そうと思っても飛ばし飛ばしにしか読めないし!
ただ、インクが凍り付いた街で行動する姿や描写には既視感を覚えさせられました。
そういえば僕、そんな感じなこと書いてたっけなーって。
スマッシュさんのは、より細かに力を入れた描写だと思います。

拙いですが、感想は以上です。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko...@softbank126006085183.bbtec.net>

返信2030です
 スマッシュ  - 18/12/25(火) 0:20 -
  
>結局最後まで、人は本当に転生するのかは描かれず

本当に人間は転生するのか?
その答えを出した結末を書こうというのは初期案にあったんですよね。

だけどそれをすると「転生したからハッピーエンド」になってしまうんですよね。

この「〇〇したからハッピーエンド」の〇〇の中に、
何を入れるべきお話なのかっていうことを考えた時に、
「結果的に転生できたから氷を壊すのは正しかった。だからハッピーエンド。」となるのは変だろうと思ったんです。

冬木野さんが感じてくださったように、
エネルギー全開でいく小説だと決めてもいました。
転生エンドだと理屈っぽすぎて熱さに欠けます。

なので〇〇の中には転生ではない別のものを入れて、今の終わり方に落ち着きました。


>「こういう形も有りなのかもしれない」

どうやら冬木野さんも氷を砕く人になれたみたいで、それなら僕はこの小説を書いた甲斐があったというものです。

ようやく僕は、
「こう書けば他人に伝わるんだな」
という書き方を習得できたような気がしています。

それまでの僕はいくら大声で叫んでいるつもりでも、
その言葉を他人が解釈できないような叫び方をしていたと思います。

その悪癖をようやく修正できたようです。めでたい!


>やっぱり私の作品とは違った味付けで面白かったですね。

「つづきから」の設定を受け継ぐつもりで書いたものの、
「つづきから」という物語のテーマである「許容」を受け継ぐ気は全くありませんでした。
その語は僕とは縁遠すぎて、そんな言葉をどう物語にしたらいいのか、さっぱり思い浮かばないからです。
なので、表面的な設定だけ受け継ぎ、物語としてのテーマは、僕が書きやすいものに決めました。

別の味付けになったのは、そういう判断があったことが大きく影響していることでしょう。


せっかくなのでガーデン・ヒーローの制作日誌を作ってみました。
日誌といいながら、ついさっき作りました。
チャピルさんが作っていたので、それを真似したわけです。
もしよければ、どうぞ。
http://www.chaoler.net/chochao/file/gardenhero_seisaku.pdf
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p157.net112139178.tokai.or.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
22 / 253 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52545
(SS)C-BOARD v3.8 is Free