●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
16 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→

☆★☆感想・伝言用ツリー☆★☆ ホップスター 18/12/23(日) 0:03

ホップさん宛の私です スマッシュ 18/12/23(日) 3:23
ありがとうございます ホップスター 18/12/23(日) 9:10

ホップさん宛の私です
 スマッシュ  - 18/12/23(日) 3:23 -
  
めちゃくちゃチャオ小説じゃないですか!!

書き出し読んだ瞬間に、
「あ、これチャオ小説だ」
って感じました。

チャオBを思い出す文章なんですよね。


僕やだーくさんは、
「当時のチャオBのノリを今の小説に反映させたら、めちゃくちゃ面白くなるんじゃないか?」
みたいなことを考えて、ここ最近のチャオ小説を書いていました。

でもホップさんの小説は、
そういう目論見以前に、
綺麗にあの当時のチャオ小説でした。


きっとホップさんのことですから、
「進歩がない」とかそういうふうに捉えているんでしょうけども、
そうではないということを僕は言いたいです。

その人だからこそ出せる小説の色や光というのがあると私は確信していて、
ホップさんはその自分の色というものを出して書ける人だと評価しています。

ホップさんからしてみりゃ、
「チャオBで好き勝手に書いてたら勝手にこうなって、そこからなにも変わらないだけ!」
とかだったりするんでしょうけれども、
アマチュアでここまではっきりと自分の色を出せるのって、珍しいわけですよ。

普通はここまで色を出せません。


で、その人特有の色が求められる場やタイミングって、
どこかにあったりするわけじゃないですか。

その1つが今回の週チャオだったわけですけども。

だから今回、間に合わせてくれて本当にありがとうございます。
この20周年に、ホップさんの小説があるというのは大きな大きな意味があると思います。
このタイミングじゃなきゃダメだと思います。来年じゃダメだったんです。


今回投稿されているチャオ小説は、
チャピルさんもホップさんも自分事で書いているのが、
すごく面白くて魅力的だと感じます。

ホップさんは、とことん自分事の作家だと思っています。
彼女の病室もそうでしたけれども。
表紙を書いてくれって、おねだりした理由もそこにあるんですけど。
ホップさんはちゃんと「自分たちのお話」をしてくれるんですよね。

僕も本当は自分事の作家に憧れているんですけれども、
どうやら僕にそのスタイルは向いていないみたいです。
僕は他人事で書いた方が、多くの人から評価されるタイプのようだと、最近気付かされました。
だからホップさんのことがかなり羨ましかったりします。


その自分事に加えて今回は、未来への祈りみたいなものも感じて、面白かったです。
僕が未来って感じたのはチャオB時代に「大人のチャオラー」との付き合いがなかったからで、
それがあったホップさんにとっては「その人たちが今、こうなっていてほしい」という祈りでもあるのかなって思います。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p128.net120137205.tokai.or.jp>

ありがとうございます
 ホップスター  - 18/12/23(日) 9:10 -
  
仰る通りで、私は基本的に書きたいお話を書きたいように書いてるだけなので、それをこういう形で評価されるっていうのは嬉しさ半分戸惑い半分であります。
#文体とかを意識するほどの技量がないとも言います。

だから、スマッシュさんはこのお話が今日投稿された意義を強調されてますけど、私にしてみれば投稿時期だっていつだって構わなかったんですよね。
たまたま今回は20周年というタイミングに間に合っただけという意識があります。

正直なところ、スマッシュさんやチャピルさんは今日を大きな区切りとしてかなり意識していらっしゃったようですけど、
私にとってはあくまでもただの「記念すべき通過点」でしかなくって、その辺の微妙な意識の違いもあるのかもしれません。

>僕も本当は自分事の作家に憧れているんですけれども、
>どうやら僕にそのスタイルは向いていないみたいです。
>僕は他人事で書いた方が、多くの人から評価されるタイプのようだと、最近気付かされました。
>だからホップさんのことがかなり羨ましかったりします。

私にしてみれば、他人事でお話が書けるスマッシュさんがとっても羨ましいのです。
だって自分の事でしか小説が書けないって、めちゃくちゃ幅が狭いじゃないですか。
私はもっと色んなお話を、色んな人が出てくるお話を書いてみたいのです。

いつぞやのブログに投稿したボツネタ集も、私が他人事でもお話を書ける人間だったら、あの中のいくつかは日の目を浴びることができたんじゃないかと思います。

>その自分事に加えて今回は、未来への祈りみたいなものも感じて、面白かったです。
>僕が未来って感じたのはチャオB時代に「大人のチャオラー」との付き合いがなかったからで、
>それがあったホップさんにとっては「その人たちが今、こうなっていてほしい」という祈りでもあるのかなって思います。

9月のオフ会でさらっと触れた記憶がありますけど、チャオB時代に「大人のチャオラー」だった人って、20年経った今、既に40〜50代だったりするんですよね。
何せ当時子供だった我々があの頃の大人の年齢になってしまった訳ですから。
そういう人たちが今何をしているのかって、ちょっと想像しにくいところがあるんですけども、少なくともどこかで元気にやっていて欲しい。そういう思いはありました。

そう考えると、このタイミングで『子供たち』をテーマにしたお話が投稿できたのは、週チャオにとっても、自分にとっても運が良かったのかなと思います。
#先述の通り、本来は来年投稿する気満々で書いたお話なのではありますが…


今回スマッシュさんとチャピルさんが相当気合を入れてお話を書いてらしたので、書きたいように書いてるだけの私との落差が大きくないか心配だったのですが、きちんと感想をいただけてほっとしています。
感想ありがとうございました。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@st4615.nas811.p-tokyo.nttpc.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
16 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52285
(SS)C-BOARD v3.8 is Free