●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
17 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→

☆★☆週刊チャオ チャオ20周年記念号☆★☆ ホップスター 18/12/23(日) 0:00

5話 永遠の愛を誓いますか? スマッシュ 18/12/23(日) 0:13

5話 永遠の愛を誓いますか?
 スマッシュ  - 18/12/23(日) 0:13 -
  
「永遠の愛を誓いますか?」
 僕の問いに、クラスメイトの男女二人が頷く。
「はい。誓います」
「たとえこの町が凍り付いても、永遠に二人一緒にいることを誓います」
「では誓いのキスを」
「はい」
 僕の前に立つ二人はキスをした。
 別のクラスの野次馬含めて、教室にいる全員が拍手で祝福する。
 この日、八組目のカップルが誕生した。
 クラス内のみで八組。
 これでクラスの過半数がペアを作ったことになる。
 クラスの外に恋人を作った者も含めれば、かなりの生徒がパートナーを確保していた。
 そしてどういう気まぐれが起きたのか、僕は今日、牧師のような役割に任命されてしまっていた。
 そんな立場に立たされたら、あれやこれやと目の前の二人に言いたくなる。
 こんなムーブメントの勢いでくっ付いたけれども、本当に愛し合ってほしい。
 今誓ったとおりの永遠を果たしてみせてほしい。
 異様な交際の始まり方が流行ってしまったけれど、それに文句を言う気はなくなっていた。
 僕たちは将来のことが信じられなくなってしまったから、将来迎えるはずだった幸せな瞬間を先借りしているだけなのだ。
 だから代わりに、幸福な結末を強要したいという気持ちが芽生えていた。
 どうか不幸せにはならないでほしい。
 そんな説教臭い気分を、どうにか場を白けさせずに言えないものかと考えに考えた末に、
「おめでとう」
 と普通すぎる短いセリフを言うことしかできなかった。
 この教室において僕は誰かに触れる手段を持っていなかった。
 ここに氷とチェーンソーがあれば、なにかができたかもしれない。
 そう思うと、学校をサボってチャオガーデンに行きたいと強く思った。
 それまで逃げるようにサボタージュをしていた時には、サボりたいなんて意識はしなかった。
 意識する前に衝動的にチャオガーデンへ行っていたから。
 だけど真面目に毎日通うようになると、サボりたいと明瞭に頭の中で唱えるようになった。
 どうしてチャオガーデンに逃げ込まないかと言うと、それがマユカからの言いつけだったからだ。
 ちゃんと学校に行かないと氷彫刻のことを教えない。
 一方的に押し付けられた決まりを僕は律義に守っている。
 僕は後継ぎになるつもりなのだろうか?
 そこは判然としない。
 ただ僕は、マユカが本当にこの町から去ってしまうのであれば、マユカのやってきたことが全て消えてしまうのは寂しい気がして、それで氷彫刻を習う気になっているのだった。
「すごく良かったよ」
「最高だった」
 誓いの儀式が終わって自分の席に戻ると、リコと彼女の友達が僕に話しかけてきた。
「ありがとう」
「教会の息子なのかなって思った」
「違うけどね」
「そういうのできるんなら、私の時もやってもらいたかったな」
 リコの友達は、このクラス最初のカップルだった。
 彼女たちがふざけてやった結婚式の真似事が、後のカップルにも受け継がれているのだった。
「と言うかさ、インクくんは相手いるの?」
 とリコの友達は聞いてくる。
「いないよ」
「だったら早く作らないとヤバくない?この町、もうすぐ凍っちゃうらしいよ」
 この町が凍るというのは、ネットや学校内で流れている噂だった。
 根拠のある話じゃない。
 政府も、そのような予兆はないと発表している。
 それを胡散臭いと感じる人もいるのだけれども、予兆がないのが当然だろう。
 ステーションスクエアなど世界各地で凍結現象が起きた時、それを誰も予測できていなかったのだ。
「大丈夫。凍らないよ」
「え、そうなの?」
「だって僕はステーションスクエアにいたんだぞ?他の誰よりもよくわかるに決まってるじゃないか」
 もっともらしく言ってみると、リコの友達はなるほどと頷いた。
「確かにそうだわ」
「よくよく考えれば寒いだけだしね」
「なんだ。不安になって損した。別れようかな」
 僕はちょっと焦った。
 そんなつもりで言ったわけじゃない。
「なに言ってんの。せっかく付き合ったんだから、そのまま一緒にいた方がいいんじゃないか」
「それもそうか。まあ、いざ本当に凍るってことになった時、相手いなかったら嫌だしね。そうする」
「うん。それがいいよ」

 放課後になると僕はチャオガーデンに直行する。
 リコは一度家に戻ってヘルメタルを連れてチャオガーデンに来る。
 僕がマユカから氷の彫刻を習い始めてから、チャオたちは僕がチャオガーデンに入ってくると、それだけでちょっとテンションが上がるようになっていた。
「チャオ〜〜!」
 中でもホウカはかなり僕に懐いていた。
 元々マユカのことも気に入っていたみたいだし、人懐っこいだけでなく氷が好きなのかもしれない。
「よう、来たね」
「来るとも」
「じゃあ今日も練習頑張ろう」
 まずは氷の準備から始める。
 準備から片付けまで一連の作業全てをマユカは僕に覚えさせる気なのだ。
 氷を洞窟から運び、チェーンソーでの作業をしているうちに、リコとヘルメタルもガーデンにやって来る。
「慣れで手を抜いちゃいけないよ。慣れた分だけ、たくさんの愛を込められるんだと思って」 
 教わると言っても、マユカは彫刻がそう上手いわけではない。
 ただマユカはかなり真剣な目で僕の手つきを見てくる。
 技術的に教えることがなくても、自分の後継者として彼女なりに導くべきことはあるのだった。
 愛を込めるというのは、適切に集中することだと僕は感じていた。
 氷とチャオ以外のことに意識を向ければ、すぐにマユカは気付く。
 チェーンソーの重みを意識から手放さずにいれば、刃を当てている氷と僕自身が接続される。
 そしてチェーンソーを繰って氷に命を吹き込むことによって、それを見ている周囲の人やチャオたちともつながることができる。
 そういった一体化に全てを注ぎ込む。
 これはそんな時間なのだろう。
「そうそう。いい感じだよ」
 マユカがいいと言っているから、僕はなおさら一体化に集中するやり方を貫く。
「その調子。歌もそんな感じで歌うんだよ」
「歌も!?」
「氷に集中する!」
「いや、歌も!?」
「集中〜〜!!」
 まさか歌も一体化の手段なのだろうか?
 僕は氷彫刻だけで継げばいいことにならないものかと思うのだけれども、マユカもチャオたちもそれを許す感じではない。
 ノミでの作業に移ったら、僕は歌わなきゃいけない。
 これがなんとも恥ずかしくて、集中が乱される。
「仕方ない。今日は私がお手本として一緒に歌ってあげよう。ただしインクくんもちゃんと歌うこと。いいね?」
「へい」

 人生がどんなにクソな終わり方をしても
 私の愛は絶対に 死なない

 歌い出しからマユカの声には爽快さがあった。
 聞く者の気分を晴れ晴れとさせる。
 なによりもマユカ自身が晴れ晴れとした表情で歌っていて、僕たちは彼女に導かれてプラスの感情の方へと動かされるのだ。
 僕はそれに便乗する。
 どんなに大きな声を出そうとも、マユカの声量の方が圧倒的で、僕の粗だらけの歌は大して聞こえない。
 導かれるままに僕は歌う。
 歌っていると、不思議とさっきよりもチャオ一匹ずつの反応に敏感になる。
 リコが口パクかもしれないけれど、一緒に口ずさんでいるのも見えている。
 それでいながらノミで氷を削る感触も遠のくことはない。
 氷もチャオも自分自身も。
 この場にある全てに今の僕は触れられる。
 マユカの熱と僕の声帯が少しだけ重なる。
 触れられるのなら、どのように触れたいのか?
 問われているのはマユカ流に言えば愛情だった。
 前よりもリアルな形にできたペンギンを、チャオは喜んでキャプチャを真似て遊ぶ。
「いよいよ地蔵には見えなくなってきたね」
 リコからは、からかい交じりの褒め言葉をもらった。

 そしてチャオがひとしきり遊んで、関心が薄れてくると氷を洞窟内に運ぶ。
 洞窟内のスタッフ用の部屋に専用の冷凍庫を置き、そこで氷は作っている。
 だがまずは氷が溶けるのを待つ。
 彫刻をするために、氷の板を重ねて立方体を作っている。
 なので彫刻やチェーンソーで切った塊を、上から順に氷の板を作るためのガラスケースに戻していく。
 そして溶けるまで放置する。
 こうして氷を再利用するのだ。
 その後、ノミで削った分や作業中に溶けてしまった分だけ水を加えたら冷凍庫に入れるのである。
 氷をケースに入れる作業をしながら、
「歌っていうのはね、聞いた人のことを元気にさせる。時には人生を変える。だから歌を発信する方が神聖視されることもある。でもね、それはちょっと違う。少なくともアイドルは双方向性メディアなんだ」
 とマユカは語った。
「アイドルってね、スポットライトを浴びるんだよ。それとファンのみんなの声援も。大きな会場のライブだと、そりゃあすごいよ。たくさんの人の強い感情が私という一点に集中する。言ってみれば強烈な愛だよ」
 この氷を移す作業、氷はけっこう重くて苦労する。
 ここでもやはりマユカはその重さに慣れていて、動きがスムーズだ。
「すごく気持ちいいけど、ずっと浴びていたら体が崩壊しそうにも感じる。強くて濃い感情。無数の人のそれが集まった巨大な好意。それだって、神聖視された歌やアイドルと同じくらいのパワーを持っているんだよ」
 そのパワーが前世のマユカを変えた。
 あるいは記憶を持ったまま生まれ変わるなんてふうに、命の流れを普通の人とは別物に変えてしまった。
「アイドルの仕事というのはね、自分が浴びているその強烈なものと、同じだけのものを返すことなんだ」
「確かにマユカの歌にはパワーがあるよ」
「歌で、凍った町が元通りになったらよかったんだけどね。そこまでの力はなかったみたい。ちまちまやっていくしかないけれど、いつまでも同じ場所で氷を壊していると、見つかっちゃう危険性あるから。だから別の町に行くことにしたんだ」
「そういうことか」
 変人だと思っていたけれど、今はマユカのことが色々とわかる気がする。
 マユカの前世がアイドルだったという話を受け入れれば、マユカという人がすっきりと理解できる。
 氷は残り少しだった。
 もう一息だと気合を入れたが、
「大変!大変です!」
 とリコが僕たちを呼びに来た。
 律義に部屋の中には入らず、大声で僕たちを呼ぶ。
「どうした?」
「ヘルメタルが転生する!」

 ヘルメタルはピンク色の繭に包まれていた。
 僕たちが駆け付けた時にはすっかり中身が見えないくらい厚い繭が出来上がっていた。
「転生だね。よかったね」
 マユカはリコの頭を撫でた。
「リコちゃんがヘルメタルくんをめちゃくちゃ愛したから転生できたんだよ」
「よかった」
 リコはもう泣いていた。
 死んじゃったらどうしよう。
 愛せていなかったらどうしよう。
 ヘルメタルの寿命が近付いて、ずっとそんな不安でいっぱいだったとリコは告白した。
「よかったね。リコちゃんのその優しさはちゃんとヘルメタルにも通じていたよ」
 マユカはリコに寄り添いながらも、視線をピンク色の繭から外さずにいた。
 まるでリコの代わりに生まれ変わるヘルメタルのことを見守ってあげているみたいだった。
 リコはマユカから渡されたハンカチで涙を拭うために、眼鏡を外していた。
 僕もマユカにならって、ヘルメタルの繭をじっと見つめた。
 出来上がったピンクの繭は微動だにしない。
 音も立てない。
 だけどその中で命は変化して、卵に戻ろうとしている。
 その大きなうねりを僕たちはイメージしながら繭を見つめる。
 そのうねりが僕たちの命でも起こり得ることを想像して。
「チャオって可愛いよね。愛してもらえたことが嬉しかったから、その人のところに生まれ変わるためにわざわざこんな転生の仕方を選んだんだ」
 とマユカは言った。
 前世の記憶を持って生まれ変わったマユカからすれば、チャオのような転生の仕方はまさに「わざわざ」なのだろう。
 きっと生まれ変わる命たちは、新たな命で新たな景色へと旅をする役目があるのだろう。
 僕たちは長い歳月をかけて進化して、地球の環境がどんな変わり方をしようとも命をつないできた。
 だけどチャオたちはまたその人に愛されるために、同じ場所で同じチャオとして再び生まれる。
 それは摂理に反したことなのかもしれないけれど、とても愛おしいことに思えた。
 人類はチャオたちに愛されているのだと思うことができた。
 一時間も待つと、ピンク色の繭がひとりでにほどけ始めた。
 僕たちは一時間ずっと繭から目を離せなかったのだ。
 いよいよ繭に変化が生じた時、誰も声を上げなかった。
 だけど胸のときめく感じを無言のままに三人全員で共有していたと思う。
 泣き止んだリコも一緒に、繭がほどけていくのを見守った。
 ピンク色の繭はシャツを脱ぐように、二本の糸を左右対称にほどいていく。
 糸はほどけるうちから色を失って透明になる。
 さらにほどける前の繭も段々と色を薄めていった。
 透けて見えるようになった繭の中央に、チャオの卵がすくっと立っていた。
 絶妙なバランスを保っていて、転がることがない。
 まるで強い意志で立っているみたいだった。
 リコはその卵に近寄って、繭が完全に無くなるのを待ってから、恐る恐る抱き締めた。
「おめでとう。お祝いにかにぱん持ってくるね」
 とマユカは立ち上がり、スキップで洞窟の中に向かった。
 膝立ちになっているリコは抱き締めたまま卵ごと体を前後に揺らし、
「ありがとう。これもインクくんがお地蔵さんを作ってくれたおかげだよ」
 と僕に言った。
「地蔵じゃねえから、あれ」
「でも本当にありがとうね。インクくんとか、マユカさんがいたから、ヘルメタルは転生できたよ」
 本当に、ヘルメタルの転生に僕が役立ったのなら。
 これほど光栄なことはないだろう。
 ヘルメタルがリコだけじゃなくて、僕にも再会したいと思ってくれていたら嬉しい。
 それならまた思い切り可愛がってやろうと僕は思った。
 そして僕たちはマユカから渡されたかにぱんを食べた。
 かにぱんを食べている時でさえリコは卵を抱き締めていて、それだけならいいのだけれども、気が緩んだのか卵に体重を少し預けるような体勢になっていた。
「行儀悪い」
 と僕は言う。
「えー、でも。一緒にいたいんだもん」
 前後に揺れながらリコは答えた。
 卵はリコの振る舞いを黙って受け止め、生まれる瞬間を待っていた。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p128.net120137205.tokai.or.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
17 / 247 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
52289
(SS)C-BOARD v3.8 is Free