●週刊チャオ サークル掲示板
  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
21 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→

ろっどの物語2バトル ろっど 18/9/24(月) 22:21

六章 夢 ろっど 18/10/2(火) 20:59

六章 夢
 ろっど  - 18/10/2(火) 20:59 -
  
あるいは、元からそうだったのかもしれない。ぼくは元から主人公なんかじゃなくて、偏屈で惨めな男だったのかもしれない。

そしてそれは、チャオBBSにいた頃から何も変わっていない。いや、ぼくだけが勝手に独り善がりになって、変わったと思い込んでいたのでしょう。

覚醒というありもしない幻想に浸っているつまらない男。

なるほど、そう考えると全て辻褄が合う。そう思いました。

納得してしまったのでした。

納得すると受け入れるのは容易いものでした。ぼくは惰性でSplatoon2を続けていました。惰性で続けていても習慣というのは恐ろしいもので、ぼくの実力は遺憾なく発揮されました。もちろんいずれ情熱が尽きることは分かっていたけれど、分かったところでどうしようもないのでした。

情熱が薄れると同時に、ぼくの精神は穏やかになりつつありました。まず首を突っ込まなくなって、向こう見ずな行動力が消えました。

ふと立ち止まって見ると不思議なもので、段々視野が広がって、自分を遠くから見ることができるようになって、色々な人の考え方が分かるようになって行くのです。できることは増えた。たくさんのことを知った。けれど知れば知るほど、分かれば分かるほど「新しいこと」に感動しなくなって行く自分に気が付いて、それでも抗うことはせずに受け入れた。

だって俺はそんなにすごい人間じゃないから。

Splatoon甲子園で優勝という目標を達成し、それでも尚、新たに情熱が芽生えることはありませんでした。

情熱も忘れたのでした。

変化や進化を微細に感じ取り、その全てに感動し情熱に換えていたはずでした。逆境を覆すことに使命感さえ覚えていました。でも知っているものをつまらないと感じるようになりました。

大人になったのかもしれません。

ただ、こんなにつまらない人間を大人と呼ぶのならぼくはずっと子供でいたかったなと思います。

夢中であることをやめてしまえば、人生はあんまり楽しくない。

中学生の頃、ぼくはチャオ小説を書くのに夢中でした。

ぼくたちはなぜチャオ小説を書いていたのでしょうか。

流行りだから? そうかもしれません。

小説が好きだから? そうかもしれません。

色々理由はあります。

ぼくの場合、一番大きな理由は「人気者になりたかった」ということなんじゃないかなと思います。

チャオBBSには夢がありました。面白いチャオ小説を書くことで、それが成し遂げられると思った。

でも今、ぼくはチャオ小説に夢を感じていません。

その事に気付いた時、ろっどの物語は終わってしまったのかもしれない。

時折そんなふうに思います。
引用なし
パスワード
<Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Geck...@p1368149-ipngn9401souka.saitama.ocn.ne.jp>

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃チャットへ ┃編集部HPへ  
21 / 246 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
51736
(SS)C-BOARD v3.8 is Free